栗駒山

奥羽山脈の女王とも呼ばれる東北の名峰へ

標高1626mの栗駒山は、宮城県、秋田県、岩手県の3県にまたがる裾野の広い山。初夏に見られる残雪が馬の形に見えることから、その名がついた。「神の絨毯」とも称される紅葉の絶景スポットとしても知られる。

初夏の栗駒山には、まだ残雪が見られる 初夏の栗駒山には、まだ残雪が見られる

150種もの高山植物が群生する「花の百名山」

東北地方の中央に位置し、宮城では栗駒山、秋田では大日岳、岩手では須川岳と呼ばれている。東北自動車道若柳金成IC、もしくは築館ICから車で約1時間10分。紅葉シーズンには、いわかがみ平の駐車場がすぐに満車になってしまうこともあり、例年JR東北新幹線「くりこま高原駅」からシャトルバスが運行される。栗駒山には150種もの高山植物が群生していて「花の百名山」に数えられ「奥羽山脈の女王」ともあだ名される。ブナやミズナラ、カエデなど多くの広葉樹も生い茂り、新緑、紅葉の季節ともに絶景を楽しめ、登山客も多い。ことに9月下旬から10月中旬まで楽しめる紅葉の人気は高く、毎年、大勢の観光客で賑わっている。

「神の絨毯」といわれる栗駒山の紅葉 「神の絨毯」といわれる栗駒山の紅葉

登山初心者はいわかがみ平から山頂を目指そう

栗駒山の登山コースは宮城に6つ、秋田に1つ、岩手に2つと合計9コースがある。登山初心者や観光客におすすめなのが、宮城県側の1つ、いわかがみ平から登る「中央コース」。片道約3km、所要時間約2時間で、ゆるやかな登り道を行く登山道だ。高低差が少なく、石畳や階段が整備されていて歩きやすい。また同じいわかがみ平から行く「東栗駒コース」では、美しい沢登りや栗駒山の圧倒的な眺望を楽しめる稜線歩きができる。こちらは初心者から中級者向けのコース。山頂までは約4km、所要時間は約2時間30分。このほか、上級者向けの「表掛コース」や「裏掛コース」などもあり、登山道によって見られる景色も異なる。

栗駒山の山頂。天気のいい日は鳥海山や月山などを望める 栗駒山の山頂。天気のいい日は鳥海山や月山などを望める

ニッコウキスゲの大群落が見られる「世界谷地」

初心者から上級者まで、経験に応じてさまざまな登山道があるのも栗駒山の魅力。天気のいい日には、蔵王連峰や早池峰山、太平洋まで一望できる圧倒的な眺望を楽しめる。登山だけでなく、栗駒山の標高669mから707m地帯に広がる「世界谷地(せかいやち)」も初夏には訪れてみたいスポット。ここでは、多くの高山植物が見られ、特に栗原市の花にも制定されているニッコウキスゲの大群落が有名だ。例年6月に見頃を迎えるが、この時期はワタスゲやレンゲツツジなどの姿も見られハイキングにおすすめ。湿地には、木道が整備されていて歩きやすく誰でも気軽に高山植物を眺められる。眺望に高山植物、そして季節ごとに楽しめる絶景、雄大な栗駒山エリアで自然を思い切り満喫したい。

初夏に世界谷地で見られるニッコウキスゲ 初夏に世界谷地で見られるニッコウキスゲ

木道が整備されていて歩きやすい世界谷地 木道が整備されていて歩きやすい世界谷地

スポット詳細

住所
宮城県栗原市栗駒
エリア
県北エリア

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          行程表クラウド ティザー

          - NEARBY HOTELS -

          周辺のホテル

          県北エリアのおすすめスポット

          宮城のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました