大村美術館

美術館

世界の愛好家を魅了するルネ・ラリック作品の個人所蔵美術館

アール・デコの巨匠と讃えられるフランスの装飾芸術家ルネ・ラリックのガラス作品を中心に展示するプライベートミュージアム。約100平方メートルのコンパクトな空間ながら、希少価値では世界有数のコレクションを鑑賞。

美術館に並ぶような作品をケースに入れずに展示。細部の仕事まで鑑賞できる 美術館に並ぶような作品をケースに入れずに展示。細部の仕事まで鑑賞できる

古き良き武家屋敷にたたずむ西洋の幻想世界

JR角館駅より徒歩15分ほど、武家屋敷「石橋家」の裏通りにひっそりたたずむモダン建築。ここは世界的に有名な宝飾&ガラス工芸家であるルネ・ラリックの作品を中心に展示している個人所蔵ミュージアム。ルネ・ラリックのガラス作品とデザイン作品、および周辺資料のほかに、1925年(大正14)にパリで開催されたアール・デコ博覧会の写真資料など合わせて約500点余り。そのほかアントニ・タピエス、アントニ・クラーベなどのスペイン現代画家の版画作品も所蔵しており、なかにはシュールレアリスムの巨匠であるサルバドール・ダリがデザインした、魅惑のガラス工芸作品も含まれている。所蔵点数では大村美術館を上回るコレクターはいるが、希少価値や美術的価値という点では、世界有数のコレクションを誇る。来場者により深く鑑賞していただこうと、テーマを定めて約400点のコレクションのなかから70-80点の作品を選定して展示している。

武家屋敷通りの小道を入った住宅街の一角にたたずむ大村美術館 武家屋敷通りの小道を入った住宅街の一角にたたずむ大村美術館

美術品本来の輝きを感じられる展示演出

大村美術館は1995年(平成7)に開館。約100平方メートルのコンパクトな展示室が1室のみで、個々の作品を落ち着いて眺められるようにと、展示フロアの壁の色はブラックに統一。それぞれの作品を最高に美しい状態で展示することにこだわり、作品1点1点にスポットライトを当ててガラス工芸ならではの輝きを演出。また通常の美術館では展示ケースごしに作品を鑑賞することになるが、大村美術館ではより身近な作品鑑賞を目指して、一部作品をガラスケースに入れずに展示している。ガラス細工とは思えない豊かな色合いや絶妙な乳白色、光に照らされた時の豊かなグラデーションの美しさなど、世界のセレブたちが魅了される美しさを目の当たりにできる。その代わり鑑賞マナーやエチケットについては厳しい基準を設けており、カメラでの撮影や大人数での見学などを制限している。

作品それぞれにピンスポットを当てて、光の陰影や彩色のグラデーションを演出 作品それぞれにピンスポットを当てて、光の陰影や彩色のグラデーションを演出

企画展ではルネ・ラリックの娘であるスザンヌ・ラリックがデザインした食器なども展示 企画展ではルネ・ラリックの娘であるスザンヌ・ラリックがデザインした食器なども展示

アール・デコの巨匠ルネ・ラリックの世界

ルネ・ラリックはもともと宝飾家として、カルティエやティファニーなどの一流宝飾店から仕事の依頼を受けていた。20世紀初頭に香水瓶のデザイン制作を始め、ガラス作家へと転向。ガラスを乳白色に濁らせて、宝石のような輝きを持たせる技法を多用して、アール・デコを代表するガラス工芸作家と称されるようになる。1925年(大正14)のアール・デコ博では会場のシンボル的モニュメントとなるガラスの噴水を制作。豪華列車オリエント急行や豪華客船ノルマンディー号などの室内装飾も手がけたという巨匠だ。大村美術館にはルネ・ラリックの娘で、デザイナーやアーティストとしても活躍したスザンヌ・ラリックの作品も所蔵。なかでもリモージュの名窯テオドール・アビランド社のために絵付けした食器コレクションは、アンティークコレクターの間で近年人気を集めている。

館内にはルネ・ラリックのガラス制作技法についての解説もされている 館内にはルネ・ラリックのガラス制作技法についての解説もされている

スポット詳細

住所
秋田県仙北市角館町山根町39-1
電話番号
0187555111
時間
[4-11月]10:00-17:00
[12-3月]10:00-16:00
休業日
[4-11月]木(祝の場合は前日)
[12-3月]水、木(祝の場合は営業)
料金
【入館料】
[一般]800円
[大学・専門学校生]700円
[高校・中学生]300円
駐車場
あり(1台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、Apple Pay、PayPay、LINEPay、d払い、auPAY、ALIPAY)
Wi-Fi
なし
コンセント口
あり
喫煙
不可
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
0-30分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          角館・田沢湖・乳頭エリアのおすすめスポット

          秋田のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました