旧東奥義塾外人教師館

記念館

レンガの煙突とグリーンの窓枠が印象的な洋館

弘前市内に数々点在する洋館。そのなかでも主要観光拠点に位置し、おまけにカフェも併設された、観光のしやすさ抜群の旧東奥義塾外人教師館。当時の外国人の生活様式などを学びながら、最後はコーヒータイムも楽しもう。

レンガ、板塀、窓枠や幕板、軒のグリーンが、バランス良く組み合わされた外観がモダン レンガ、板塀、窓枠や幕板、軒のグリーンが、バランス良く組み合わされた外観がモダン

もとは外国人教師のための宿舎

弘前観光の要所ともいえる、弘前公園の正門の前にある「追手門広場」には、いくつもの観光施設が立ち並んでいる。そのうちのひとつがここ、「旧東奥義塾外人教師館」だ。東奥義塾は青森県で最初に開校した私学校で、文明開化を学ぶために外国人教師を招聘。同校に招かれた外国人教師のための宿舎として、1903年(明治36)に建設された。淡い色の板壁にグリーンの窓枠、赤い屋根、レンガの煙突など、洋館をイメージした造りとなっている。窓の多さが特徴的で、建物の表からも裏からも、十分な採光が得られるようになっている。一部非公開のエリアもあるが、建物のほとんどの部分は無料で開放されているので、ここから弘前の洋館見学を始めるのも良いかも知れない。

書斎として再現された2階の室内。壁紙やドアもポップでありながら上品な印象 書斎として再現された2階の室内。壁紙やドアもポップでありながら上品な印象

旧寝室として使われていた展示室。当時のご婦人のドレスもきれいに飾られている 旧寝室として使われていた展示室。当時のご婦人のドレスもきれいに飾られている

館内では往時の生活を再現

東奥義塾(現東奥義塾高等学校)は、その後も外国人教師を招き、1970年(昭和45)まで現役で使用され、歴代の外国人教師の家族が居住していた。内部は外国人教師家族の生活を再現しており、家具や調度品などが配置されて往時をしのぶことができる。またここで生活をしていた外国人たちの写真や、年表などの資料が保存展示されている。建物の裏手には、弘前市に実在した歴史的建造物のミニチュアが並んでおり、こちらも無料で見学できる(現存する建造物のミニチュアもあり)。東奥義塾を見学したあとは、このミニチュア建造物群を見学するのもオススメだ。

主寝室。どの部屋も現代の住宅と比較して遜色がない 主寝室。どの部屋も現代の住宅と比較して遜色がない

建物の裏手にはミニチュア建造物群が立ち並んでいる 建物の裏手にはミニチュア建造物群が立ち並んでいる

周囲は弘前の観光スポットがめじろ押し

現在保存されている建物は、1899年(明治32)の火災焼失後、1901年(明治34)に再建されたもの。それから120年もの年月が経過しているが、時代を感じさせない、令和の時代にも似合う雰囲気が印象的だ。施設の向かいには山車展示館や旧弘前市立図書館、弘前市立観光館があり、このエリアは弘前観光の中心地といえる。これら施設を見学する合間に、館内の1階のカフェでひと休みするのもいいだろう。また夕方の撮影もおすすめ。建物の色が映える日中はもちろん、建物内の明かりがこぼれる夕暮れどきはさらに建物の存在感が増すと、「映えスポット」として密かな人気なのだとか。

弘前ねぷたまつりに出陣する「津軽剛情張大太鼓」が収納されている山車展示館は目の前にある 弘前ねぷたまつりに出陣する「津軽剛情張大太鼓」が収納されている山車展示館は目の前にある

建物を出て追手門広場へ歩いて行くと、公園の向こうに岩木山も見える 建物を出て追手門広場へ歩いて行くと、公園の向こうに岩木山も見える

スポット詳細

住所
青森県弘前市下白銀町2-1
電話番号
0172375501
時間
9:00-18:00
休業日
年末年始(ただし、臨時開館の場合あり)
料金
[見学料]無料
駐車場
あり(88台)
※追手門広場地下駐車場
クレジットカード
不可
喫煙
不可
備考
電話番号は、弘前市立観光館に繋がります。

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          弘前・黒石・岩木山エリアのおすすめスポット

          青森のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました