関ケ原ウォーランド

遊園地/テーマパーク

天下分け目の戦いを再現した、ユーモアあふれる合戦テーマパーク

「関ヶ原の戦い」をテーマに、200体以上の人形で陣形を再現した「関ヶ原ウォーランド」。史実に基づいたリアリティ満載の展示を楽しめる。関ケ原古戦場を巡るなら、足を運んでおきたい観光地のひとつだ。

リアルな鉄砲隊が並ぶ。等身大の人形で関ヶ原の戦いを史実に基づき再現 リアルな鉄砲隊が並ぶ。等身大の人形で関ヶ原の戦いを史実に基づき再現

合戦の様子を再現したジオラマが見どころ

JR関ケ原駅から北西へ徒歩20分、関ケ原ICからは車で5分。1964年(昭和39)にオープンした関ヶ原ウォーランドは、「関ヶ原の戦い」の様子をユニークに再現したテーマパーク。約3300平方メートル(約1万坪)の広大な敷地には、徳川家康や石田三成など各武将たちの個性豊かな人形が200体以上設置されている。これらは岐阜県出身のコンクリート像作家・浅野祥雲(あさのしょううん)が制作したもの。躍動感のある屋外ジオラマのほか、屋内施設には「関ヶ原合戦図屏風」などの歴史的資料も展示されているので、楽しみながら関ヶ原の戦いについて学べる。

コンクリート像は見るだけでなく、触ったり記念撮影したりすることも可能 コンクリート像は見るだけでなく、触ったり記念撮影したりすることも可能

関ヶ原の戦いのワンシーンを体感しよう

関ヶ原ウォーランドでは、史実に基づいた関ヶ原の戦いの陣形図が再現されている。戦いの経過ごとに順路に沿ってまわると、関ヶ原の戦いがどのように展開したのかがわかるだろう。また、戦いにまつわる有名な逸話のワンシーンも随所で見られる。小早川秀秋(こばやかわひであき)が徳川軍へ寝返った際の動きや、戦場で討ち取った敵の首が本人のものか、徳川家康自らが検査する「首実検(くびじっけん)」のシーンなど、リアリティあふれる人形は見どころだ。施設内には「武具甲冑資料館」「関ケ原合戦資料館」など、戦いをさらに知ることができる展示も。名物館長による講話も開催されるので、参加する際は予約しておこう。

徳川家康が行った首実検の様子を再現したエリア 徳川家康が行った首実検の様子を再現したエリア

勝利の証でもある敵方の首を運ぶリアルな場面も再現 勝利の証でもある敵方の首を運ぶリアルな場面も再現

甲冑をレンタルして武将たちと記念撮影

施設をさらに楽しむには、甲冑を装着して出陣する武士の気分を味わえる「レンタル甲冑」の利用がおすすめ。大人用と子ども用の2種類があり、武具や兜(かぶと)のみを借りることもできる。身に着けたあとは記念撮影をして、旅の思い出を残しておこう。甲冑や武具を装備したまま自由に散策できるので、武将たちと合戦に参加している様子を写真に撮って楽しむことも可能だ。関ケ原町には、関ヶ原の戦いにまつわる史跡や資料館などが数多く点在している。関ヶ原ウォーランドの観光と合わせて、関ケ原古戦場で実際の合戦跡地を巡るのもいいだろう。

城のような白い外壁が目印。入り口横の窓口で入場券を購入しよう 城のような白い外壁が目印。入り口横の窓口で入場券を購入しよう

スポット詳細

住所
岐阜県不破郡関ケ原町関ケ原1701-6
エリア
西濃エリア
電話番号
0584430302
時間
10:00-16:00
休業日
12/31
料金
【入園料】
[大人]500円
[小人]300円
駐車場
あり(100台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
ペットの入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          西濃エリアのおすすめスポット

          岐阜のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました