萬代橋

新潟の繁華街をつなぐ、街の美しいシンボル

日本一長い大河・信濃川の終点、日本海の手前に架かる萬代橋。新潟の繁華街、万代エリアと古町エリアとを結ぶ交通の要所として、そして新潟市のシンボルとして多くの人々に愛されている国指定の重要指定文化財だ。

新潟市の市街地である万代エリアと古町エリアをつなぐ萬代橋 新潟市の市街地である万代エリアと古町エリアをつなぐ萬代橋

100年以上新潟の暮らしを支え続けて3代目

萬代橋は、1886年(明治19)に信濃川に初代が架けられ、現在は3代目となる。初代は「萬代橋(よろずよばし)」と呼ばれ、当時としては日本一長い木造の橋であり、個人所有の有料橋でもあった。萬代橋が架かるまでは陸上交通が発達していなかったこともあり、約1時間かけて渡し船で川を往来していたそう。新潟大火により橋の半分が焼失したことで、1909年(明治42)年に木橋に、さらに1929年(昭和4)には鉄筋コンクリート造6連アーチに架け替えられて、現在にいたるまで人や物流の要として新潟市発展の大きな役割を担っている。

初代の頃よりも川幅が狭まったため橋も短くなり、現在橋長306.9m、幅員は22m 初代の頃よりも川幅が狭まったため橋も短くなり、現在橋長306.9m、幅員は22m

アーチ状のデザインは新潟のアイコンのひとつ

萬代橋のデザインは新潟を代表する景観のひとつとして、写真やイラストでさまざまなアイテムに採用されている。ひと目で萬代橋とわかる特徴が、鉄筋コンクリート造による6連アーチ状のフォルムだ。雄大な信濃川の風景にマッチする美しさと丈夫さを両立するため考案されたデザインだそう。アーチのいちばん上の部分の厚さが可能な限り薄くなっているところや、アーチの大きさが中央から両岸に向かって少しずつ小さくなるところなど、設計者の工夫に注目してみよう。

設計当初の構想ではアーチは6つではなく8つの予定だった 設計当初の構想ではアーチは6つではなく8つの予定だった

遠くから、間近から、さまざまな角度で楽しめる

萬代橋は、遠くから見るフォルムも美しいが、近づいて見ることで細かな部分へのこだわりがあることに気づく。その風格を醸し出しているのは、アーチ状の構造に加え、橋の表面に施された茨城県真壁産の御影石の輝きだ。照明灯・橋側灯は太平洋戦争時に金属を接収されてしまった過去があり、現在設置されているものは2004年(平成16)に建設時の姿に復元したもの。デザインおよび素材の南部鋳物まで忠実に再現されている。実際に歩いてみたり、離れて見てみたりしながら、長年地元に愛され続ける理由を探ってみるのもおすすめだ。

大正期には路面電車を走らせる計画があったため、その当時の電車用架線フックも忠実に再現 大正期には路面電車を走らせる計画があったため、その当時の電車用架線フックも忠実に再現

太平洋戦争中の金属供出で失われた橋側灯の跡 太平洋戦争中の金属供出で失われた橋側灯の跡

繁華街・万代と古町にアクセス至便

萬代橋が架かる信濃川の両岸は、やすらぎ堤と呼ばれるゆるやかな傾斜の堤防で、整備された緑地が広がっており、散歩やジョギングにおすすめだ。新潟の市街地・万代エリアと古町エリアをつなぐ橋なので、デパートや映画館などが集まる万代でショッピングを楽しんだり、江戸時代から続く花街古町の趣ある風情を味わったりするのも一興。信濃川を走行する水上バス「信濃川ウォーターシャトル」からは、地上から見るのとはまた違う新潟の表情を見ることができる。萬代橋をスタートに新潟の今昔を楽しんでみる旅へ出かけてみよう。

春の桜をはじめ、チューリップなどの季節の花々が彩りを添えるやすらぎ堤 春の桜をはじめ、チューリップなどの季節の花々が彩りを添えるやすらぎ堤

新潟のランドマークや街並み、四季の景色を水上から見晴らす信濃川ウォーターシャトル 新潟のランドマークや街並み、四季の景色を水上から見晴らす信濃川ウォーターシャトル

スポット詳細

住所
新潟県新潟市中央区万代-下大川前通・川端町

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          新潟・阿賀エリアのおすすめスポット

          新潟のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました