輪島朝市

市場

能登の人情に触れられる、日本三大朝市のひとつ

岐阜県の高山朝市、千葉県の勝浦朝市とともに、日本三大朝市のひとつに数えられる「輪島朝市」。露店の並ぶ朝市通りには大勢の観光客が集まり、活気にあふれる。奥能登観光にはずせないスポットだ。

輪島は朝から元気いっぱい。その象徴が朝市だ 輪島は朝から元気いっぱい。その象徴が朝市だ

朝市通りに150軒以上の露店がずらり

能登はやさしや土までも--。こう伝えられるほど、素朴で温かな人情に輪島朝市では触れられる。路線バス利用なら「輪島マリンタウン」バス停から徒歩5分、車の場合は輪島朝市駐車場に停めて徒歩すぐの通称「朝市通り」へ。月2回の定休日を除いてほぼ毎日、朝8時から市が立つ。約360mの通り沿いには、150軒以上の露店がずらり。地元漁港で水揚げされた新鮮な海産物をはじめ、干物などの加工品や野菜、民芸品など、店先に並ぶ商品は多種多彩だ。売り手のほとんどが地元の女性で、通り全体が気さくで明るい雰囲気に満ちている。

鮮度のいい海産物は朝市の大きな魅力 鮮度のいい海産物は朝市の大きな魅力

季節に応じたさまざまな魚介が並ぶ。能登の海の豊かさが伝わる 季節に応じたさまざまな魚介が並ぶ。能登の海の豊かさが伝わる

四方から「こうてくだぁー」の素朴な呼び声

輪島朝市の楽しみは、そんな元気なおばちゃんとのふれあいだ。「こうてくだぁー(買ってください)」と親しみある方言での呼び声に誘われて店先をのぞいてみると、値札の付いていない商品もちらほら。値段は交渉次第というところもあり、おばちゃんたちとの会話を楽しみながら購入してみよう。地元の人だから知るおすすめの食べ方を教えてもらったり、思いがけないほどたくさんのおまけが付いてきたりすることも。宅配も受け付けているので、ついつい買い過ぎてしまっても安心だ。

明るく元気なおばちゃんとの会話を楽しみながら買い物を 明るく元気なおばちゃんとの会話を楽しみながら買い物を

起源は平安時代。1000年以上の歴史を刻む

輪島朝市の歴史は古く、その起源は平安時代にまでさかのぼる。神社の祭礼日などに住民が自宅で作ったものを持ち寄って物々交換したのが始まりとされており、1000年以上の歴史を誇っている。その後、室町時代には毎月4と9の付く日に市が立ち、明治以降は毎朝、開催されるようになったという。ちなみに、露店を開く場所は決められており、親から子へと何代も引き継がれている。どれだけ時代が変わっても、輪島の1日は人情あふれる市から始まる。市が開いているのは正午まで。宿泊した翌朝に立ち寄るなど、おばちゃんたちからめいっぱいパワーを分けてもらい、その日の旅をスタートしてみてはいかが。

輪島観光のスタートは朝市通りから 輪島観光のスタートは朝市通りから

スポット詳細

住所
石川県輪島市河井町
エリア
輪島エリア
電話番号
0768227653
時間
8:00-12:00
休業日
第2・4水、1/1-1/3
駐車場
あり
クレジットカード
可(店舗により異なる)
備考
※駐車場問い合せ先:0768-23-0032(マリンタウン観光交流施設)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          行程表クラウド ティザー

          - NEARBY HOTELS -

          周辺のホテル

          輪島エリアのおすすめスポット

          石川のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました