南部梅林

その他の自然地形

丘を埋め尽くす梅の花を愛でながら中距離散歩

梅の開花に合わせ、1年のうちの1か月程度だけ開園する南部梅林。梅の里、みなべ町の魅力は、おいしさを味わうだけではなく、可憐な花を愛でることにもあり。毎年丘の斜面に咲き誇る美しい花に囲まれて、この時期だけの特別な景色をたっぷり目に焼き付けて。

段々畑に植えられた美しい梅に囲まれる 段々畑に植えられた美しい梅に囲まれる

約1か月しか見られない冬の風物詩

梅の生産量が全国1位の和歌山県みなべ町。町には小さな梅林が点在し冬になるときれいな花を咲かせるが、なかでも「一目百万、香り十里」と称されるほどの絶景スポットとして有名なのが南部梅林。日本最大級の広さを誇る梅林で、白色の上品で鮮やかな花が無数に広がっている。毎年の気候によっても開園期間は多少異なるが、1月末-2月頃が開園目安。およそ1か月間しか開園しないので、見逃さないようにチェックしておこう。

可憐な梅の花を近くで見てみよう 可憐な梅の花を近くで見てみよう

車でも公共交通機関でも好アクセス

南部梅林は3-4kmのウォーキングコースのみで構成されたルートが続き、車などの乗り物での入園は不可。坂を上ったり下ったりと傾斜があるので、観賞の際は運動靴がいい。梅林の南側にある入園門近くには開園時期のみ利用できる専用駐車場があり、電車でのアクセスの場合はJR紀勢本線南部駅からの南部梅林直行臨時バスが運行する。時間もチェックしておこう。また、入場門の前には散策コースのルートや所要時間がわかる案内看板が設置されているので、入園前に確認しておいて。

時計回りにコースをまわって行く 時計回りにコースをまわって行く

ガードレールのない細道もあるので注意 ガードレールのない細道もあるので注意

視界いっぱいに広がる梅の花にほっこり

ウォーキングコースは梅林の外周をぐるっと一周できる、所要時間約80分(約4km)のAコースと、途中で小道を抜けて丘を下る所要時間約60分(約3km)のBコースで案内される。梅林全体を見渡せる展望台のほか、休憩所や公衆トイレがいくつか設置され、10店ほどの出店やミニイベントも開催。なかでも開園期間中のみ味わえる「かたやまのいももち」は、これを目当てに訪れる人もいるそう。サツマイモを加えたやわらかいお餅で、散策の疲れを癒やして。
※新型コロナウイルス感染拡大防止のため出店やイベント情報は変更する可能性あり

広大な敷地には愛犬同伴もOK 広大な敷地には愛犬同伴もOK

スポット詳細

住所
和歌山県日高郡みなべ町晩稲
電話番号
0739743464
時間
[開園期間]2022/1/29-2022/2/27
[開園時間]8:00-17:00
休業日
開園期間外
料金
[入園料]大人(中学生以上)300円、小人(小学生)100円
駐車場
あり
※自動車500円
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
滞在目安時間
60-120分
ペットの入店
[ペットの入園]可
備考
※新型コロナウイルス感染拡大ため令和4年の開園は中止となります

※電話番号は梅の里観梅協会へ繋がります(開園期間中のみ)

[みなべ観光協会]0739-74-8787

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          海南・有田・みなべ・田辺エリアのおすすめスポット

          和歌山のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました