風日祈宮

神社
伊勢神宮内宮の別宮のひとつで、風雨を司る「級長津彦命」、「級長戸辺命」をお祀りしている。もとは「風神社」と呼ばれていたが、鎌倉時代の蒙古襲来の際に、神風を呼び蒙古軍を撃退したため、その霊験に応えるべく「風日祈宮」へと昇格した。参道から風日祈宮へ向かう途中に川が流れており、川に渡された橋からの眺めが美しいとして、参拝者に人気。

スポット詳細

住所
三重県伊勢市宇治館町1 皇大神宮(内宮)
エリア
伊勢エリア
電話番号
0596241111
時間
【参拝時間】
[1月-4月・9月]5:00-18:00
[5月-8月]5:00-19:00
[10月-12月]5:00-17:00
駐車場
あり
※有料
※らくらく伊勢もうで(http://www.rakurakuise.jp/jam_map_02.html)参照。
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 別宮10社中9位とのことです
    5.0 投稿日:2022.05.06
    ご祭神は、級長津彦命、級長戸辺命瀧祭神で、別宮10社中9位とのことです。正宮、荒祭宮、風日祈宮、大山祇神社・子安神社の順でお参りするのがルールのようですが、道なりでお参りすると風日祈宮、正宮、荒祭宮、大山祇神社・子安神社の順になってしまいます。島路川を風日祈宮御橋でわたってお参りします。途中の景色は大変美しいです。
  • 風雨を司る神
    3.0 投稿日:2022.01.30
    伊勢神宮(内宮)の別宮。正宮に向かう途中で右に折れ、島路川に架かる橋(風日祈宮橋)を渡ったところに鎮座。創建年不明(804年以前)。祭神は級長津彦命、級長戸辺命。この祭神は風雨を司る神であり、元寇(1281年)の時に神風を起こして日本を守ったとして、1293年に別宮に昇格。社殿は木造萱葺で、隣には遷宮のための古殿地がある。
  • 内宮の別宮
    4.0 投稿日:2021.12.22
    内宮の別宮の一つ。他の別宮とは少し離れており、五十鈴川にかかる橋を渡らなければならない。この参道、そして橋からの川の眺めはすばらしい。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          伊勢エリアのおすすめスポット

          三重のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました