本居宣長記念館

記念館

江戸中期に活躍した国学者・本居宣長の足跡をたどる

記念館1階は、映像やタッチパネル、クイズなど楽しい展示で構成 記念館1階は、映像やタッチパネル、クイズなど楽しい展示で構成

松阪市に生まれ育った本居宣長は、古事記を解読した『古事記伝』を刊行するなど、日本文化史上において偉大な功績を残した国学者。「本居宣長記念館」には、宣長の著書や蔵書、遺品など約1万6000点が収蔵されている。記念館は2階まであり、1階では宣長の功績や人柄をわかりやすく紹介、2階では年4回の企画展で収蔵品を公開している。さらに、記念館の入館料で本居宣長旧宅「鈴屋」も見学できる。12歳から亡くなる72歳まで宣長が住んでいた家を、松坂城隠居丸跡に移築したものだ。医者を本業としていた宣長は、1階の「店の間」で診察することもあった。その奥には客人を迎える「中の間」、さらに奥には宣長の勉強部屋であり授業を行う教室でもあった「奥の間」があり、1階は靴を脱いで中を見学できる。2階は53歳のときに増築した書斎になっており、この部屋は外から見学できるようになっている。

記念館2階展示室では、重要文化財1949点を含む貴重な資料を見ることができる年4回の企画展を開催 記念館2階展示室では、重要文化財1949点を含む貴重な資料を見ることができる年4回の企画展を開催

「本居宣長旧宅(鈴屋)」は1909年(明治42)に、「松坂城下町」の一地区である魚町から移築。国の特別史跡に指定されている 「本居宣長旧宅(鈴屋)」は1909年(明治42)に、「松坂城下町」の一地区である魚町から移築。国の特別史跡に指定されている

2階は4畳半の狭い部屋が1室のみ。旧宅前に見学用の参観台が設置されているため、外からでもよく見える 2階は4畳半の狭い部屋が1室のみ。旧宅前に見学用の参観台が設置されているため、外からでもよく見える

スポット詳細

住所
三重県松阪市殿町1536-7
電話番号
0598210312
時間
9:00-16:30
休業日
月(祝の場合は翌日)、年末年始
料金
【入館料】
[大人]400円
[大学生]300円
[子供(小学4年生から高校生)]200円
駐車場
あり(15台)
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          松阪・津エリアのおすすめスポット

          三重のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました