半田赤レンガ建物

その他の史跡/建造物

国産ビール黎明期の明治時代に造られた貴重なレンガ建造物

明治時代に国産ビールの製造工場として誕生した「半田赤レンガ建物」。当時のビール造りの情熱に触れられる展示が充実しており、カフェでは明治期と大正期のそれぞれの味を再現した復刻ビールを味わえる。

本格ドイツビールの製造を夢見た地元の起業家たちが、豊富な財力を投じて完成させた 本格ドイツビールの製造を夢見た地元の起業家たちが、豊富な財力を投じて完成させた

貴重な建造物として国の有形文化財に登録

半田でドイツビールを造るために創業した地元のビールメーカー「カブトビール」の製造工場として、日本のビール黎明期である1898年(明治31)に建てられたレンガ建造物。明治時代に建てられたものとしては、国内でも5本の指に入る規模を誇っている。設計者は、明治建築界の三巨匠のひとりといわれる妻木頼黄(つまきよりなか)。温度や湿度を安定させる必要から、中空構造を持つ複壁や多重アーチ床など、現在ではほとんど見られない特徴を備えている。2004年(平成16)には、国の有形文化財に登録。次いで2009年(平成21)に近代化産業遺産、2014年(平成26)に半田市の景観重要建造物に指定された。

木造の柱とレンガを組み合わせたハーフティンバー構造が特徴 木造の柱とレンガを組み合わせたハーフティンバー構造が特徴

戦時中には飛行機の機銃掃射を受けたことも。建物の北面に今もその痕が生々しく残っている 戦時中には飛行機の機銃掃射を受けたことも。建物の北面に今もその痕が生々しく残っている

明治と大正の貴重な看板やグラスなどを展示

館内には常設展示室やシアタールームなどを完備。ビールを運搬するための木箱や宣伝用の看板、大正時代のビールピッチャーやジョッキ、グラスなど当時の貴重な品々を展示しており、本格的なビール造りに挑戦した先人たちの思いを身近に感じられる。また、製造工場として使われていた頃のジオラマも見ものだ。トロッコ用の線路が敷かれていたり、瓶を作る場所が設けられていたりなど、ビール造りの全体像を俯瞰できるのがうれしい。さらにシアタールームでは、約15分の映像で「カブトビール」の歴史を紹介。現在は公開されていない2階部分の写真なども展示されている。

明治時代に名古屋駅で使われていた看板塔。当時の写真も見ることができる 明治時代に名古屋駅で使われていた看板塔。当時の写真も見ることができる

当時の販売店を再現した一角。ビールは棚に並べて販売していたという 当時の販売店を再現した一角。ビールは棚に並べて販売していたという

復刻したカブトビールの味を楽しもう

1943年(昭和18)に製造が終了してからは、長らく幻のビールといわれていた「カブトビール」。2005年(平成17)の数量限定復刻を経て、2016年(平成28)に完全復刻を遂げた。現在販売されているのは「明治カブトビール」と「大正カブトビール」の2種類。どちらも多数の文献を調査研究し、それぞれの時代の味を忠実に再現している。「明治カブトビール」は炭酸が少なく、ワインに近い味が特徴。一方の「大正カブトビール」は、現代のラガービールに近い味が楽しめる。ビール好きの人なら、ぜひ同館のカフェ&ビアホールで2種類のおいしさを飲み比べたい。

瓶入りと生があり、価格はいずれも600円。毎年5~10月頃は夜間に「屋外BBQビアガーデン」も実施している 瓶入りと生があり、価格はいずれも600円。毎年5~10月頃は夜間に「屋外BBQビアガーデン」も実施している

イベントやワークショップも開催

「明治カブトビール」と「大正カブトビール」は、ショップでお土産用の瓶ビールを販売している。そのほかにも、Tシャツやキーホルダー、タオルなど、同館のオリジナルグッズが充実。知多エリアの名産品も多数そろっている。なお、毎月第4日曜に開催予定の「半田赤レンガマルシェ」や、毎月テーマを変えて行っているワークショップなどもあり、イベントに合わせて足を運ぶのもおすすめ。さらに車で20分ほど先には、常滑焼の歴史に触れられる「やきもの散歩道」や、世界のタイルやテラコッタ建築などを見学できる「INAXライブミュージアム」があるので、少し足を延ばしていろいろな観光スポットを巡ってみていただきたい。

館内にある「カブトビール」のマークと名称を彫り込んだ飾り棚は、岐阜県の職人が手作りしたもの 館内にある「カブトビール」のマークと名称を彫り込んだ飾り棚は、岐阜県の職人が手作りしたもの

スポット詳細

住所
愛知県半田市榎下町8
エリア
知多エリア
電話番号
0569247031
時間
[常設展示室]9:00-17:00
[ショップ]10:00-17:00
[カフェ]10:00-21:00(L.O.20:30)
休業日
施設点検日、年末年始
料金
[常設展示室]200円
駐車場
あり(350台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、PayPay、楽天ペイ、LINE Pay、メルPAY、d払い、ALIPAY)
Wi-Fi
あり(半田市フリーWi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
可(館内禁煙、屋外に1ヵ所喫煙スペースあり)
平均予算
【昼】1-1,000円
【夜】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 地ビールの走りか、カブトビール
    4.0 投稿日:2022.07.08
    横浜赤レンガ倉庫と同じ妻木頼黄氏の設計、明治時代のカブトビールの工場建物です。明治のレンガ建物としては五本の指に入る規模とのこと。第二次大戦での機銃掃射の後が生々しく残っていたり、近代から現代まで残り続けた歴史の重みが感じられます。ショップでは明治時代のビールを再現したものが売られていました。ビール好きの方にお勧めしたい素朴で濃厚な味わいでした。
  • 外観は素敵
    3.0 投稿日:2020.02.03
    外観は素敵でしたが、館内は特に…という感じでした。地元のものを売っているという感じです。観光案内所の機能もあるのかもしれません。展示物を見るには別途料金がかかります。
  • 兜ビ-ル
    3.0 投稿日:2019.11.07
    もともと兜ビ-ルの工場跡です。展示施設は時代の写真等の展示で子供たちにはあまり不評でした。おじさんの私はレトロでよかったです。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          知多エリアのおすすめスポット

          愛知のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました