NAVITIME Travel

伊豆高原アンティーク・ジュエリーミュージアム

美術館

静岡県伊東市八幡野にあるアンティークジュエリーの美術館で、ヴィクトリア王朝時代を中心に宝飾品やドレスなどを展示している。展示作品の多くは植民地からの富により資本家層が繁栄した19世紀のもの。ティファニーのペンダントや620個ものダイヤモンドがあしらわれたティアラ、繊細な細工が施されたカメオなど、貴重な品をいくつも見ることができる。アンティーク調のドレスを着て記念撮影ができるコーナーもあり。

place

静岡県伊東市八幡野1030-63 (伊東・伊豆高原エリア)

phone 0557545566

アンティーク・ジュエリーミュージアムの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/05/06 欧州宮殿好きには合う博物館
伊豆観光で行った博物館。
自分はおっさのくせに、光物、貴族モノに弱かったのでつい行ってしまいました。
行って大正解でした。

クジャクのペンダント、指輪、リングなど欧州の宮殿博物館に置くとよくある光モノが沢山ありたまりませんでした。

周辺ホテルや道の駅にパンフがあり、それを持参すると10%オフになりますので、必ずゲットしていきましょう。
投稿日:2018/08/05 緻密で繊細なアクセサリーに見入ってしまいます
2回目の訪問です。
玄関前の庭園が美しく整えられており、そこでまず気分が向上します。
展示されている宝飾品は、どれも繊細で美しく、見入ってしまいました。
当時の職人さんが精魂込めて作り上げたのだろうなと感激します。
館内は落ち着いた静かな空間で、スタッフの方々の雰囲気もよく、じっくりと見ることができました。
また行きたいです。
投稿日:2018/06/13 ジュエリーの勉強になりました!
時代ごとやテーマにまとまったジュエリーはどれもストーリーがしっかりとしており、ルーペも無料で借りられて大変見応えがありました。妻がペンダントを衝動買いしましたが、アンティーク調でお気に入りのようです。
ドレス試着は以前、別の場所で体験した時に「う〜〜ん」という感じだったので一度スルーして外に出ましたが、少し時間があった事で記念にとチャレンジ。しっかりしたドレスとスーツで2人で記念撮影できました。感...

おすすめ記事

詳細情報

住所
静岡県伊東市八幡野1030-63 [ 地図 ]
エリア
伊東・伊豆高原エリア
電話番号
0557545566
時間
9:30-17:00(最終入館16:30)
休業日
第1・3火(祝、8月は開館)
料金
【入館料】
[大人]1,000円
[中、高校生]750円
[小学生]500円
駐車場
あり 20台
クレジットカード
可(売店のみ利用可。入館料は利用不可。)
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり(館内FreeWi-Fi)
コンセント口
あり(2口)
喫煙
不可(喫煙スペースあり)
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
可(入館料無料、エレベーターがないので1Fのみ可)
乳幼児の入店
ペットの入店
可(抱っこまたはケージ使用)
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          静岡 の主要エリア

          around-area-map

          富士山や緑茶で有名な静岡県。JR東海道・山陽新幹線を利用したり、車なら新東名高速道路・東名高速道路が使えたりと、アクセスの良い観光地といえます。 静岡県の観光エリアは、主に四つあります。鰻で有名な浜松市がある「西部」、県庁所在地の静岡市がある「中部」、富士山が位置する「東部」、温泉地として有名な「伊豆」エリアです。 浜松・浜名湖エリアには、植物が楽しめる「浜名湖ガーデンパーク」や「はままつフラワーパーク」、中部の寸又峡には美しい湖面が見える「夢の吊橋」があります。 御殿場・富士方面には、日本一の山・富士山はもちろん、一日中ショッピングが楽しめる「御殿場プレミアム・アウトレット」があり観光スポットとしても人気です。 熱海~伊東~伊豆にかけては、海や山、温泉、歴史的な建造物などバラエティ豊かな観光が満喫できます。 ご当地グルメでは、B-1グルメでおなじみの富士宮やきそば・みしまコロッケ、静岡名物の浜松餃子・静岡おでんが人気です。また、生シラスや桜エビなどの海の幸も外せません。

          関連する記事

          関連する観光コース

          静岡の写真集