お初天神通り商店街

商店街

縁結びのパワースポットと大阪グルメが集う昭和レトロな商店街へ

恋の末路で喜んで死を受け入れた元禄時代の遊女・お初。お初天神も、お初天神通りも、すべての歴史はひとりの女性の恋物語から始まった。お初の歩んだストーリーに思いを馳せながら、いざ歴史探訪へ繰り出そう。

お初のイラストが描かれた商店街北側入り口 お初のイラストが描かれた商店街北側入り口

恋愛成就のパワースポット

Osaka Metro東梅田駅から南へ3分ほど歩くと、ビルの谷間に突如現れる露天神社。「お初天神」の愛称で親しまれ、多くの参拝客が訪れる恋愛成就のパワースポットだ。その所以は1703年(元禄16)に境内で起こった、堂島新地の遊女・お初と本町の商人・徳兵衛の心中事件に隠されている。2人の情死から1か月後、近松門左衛門がこの恋物語を題材に『曽根崎心中』を劇化すると、涙なしでは語れない名作と当時の人々から大評判に。大勢の人々が供養に訪れ、ヒロインの名前からお初天神の名がつけられた。さらに、「不遇な目に遭いながらも心で強く結ばれた2人なら、後世の恋愛をきっと成就させてくれるはず」と、今日では縁結びを願う多くの人々が足を運ぶ。また、社務所ではオリジナルの恋みくじも授与している。水をかければ内容が浮かび上がるので、二人のブロンズ像前にある水盤で恋愛運を占ってみて。

大通りから路地に進むと現れる露天神社 大通りから路地に進むと現れる露天神社

徳兵衛との心中を喜ぶお初は笑みを浮かべている 徳兵衛との心中を喜ぶお初は笑みを浮かべている

水をかけると文字が浮かび上がる恋みくじ 水をかけると文字が浮かび上がる恋みくじ

お初天神と歴史をともにした古き良き商店街

露天神社をあとにして歩くこと1分足らず。見上げればポップなカラーリングが目をひく、お初のイラストが描かれた大看板が。その看板を入り口に、約300mも続く「曽根崎お初天神通り商店街」には100店舗以上の飲食店が立ち並ぶ。成り立ちは終戦直後からお初天神の境内に飲食店が集まったことがきっかけだそう。昭和30年頃から、梅田の発展とともに低層ビルが立ち並び、アーケードが完成していった。なかには当時から続く老舗もあり、創作お好み焼きで人気の「お好み焼き ゆかり」や大阪B級グルメ・豚平焼き発祥の店「とん平」は今なお愛される名物店。またアーケード内にはパチンコやゲームセンター、ライブハウスなどのアミューズメントやエンタメ施設も。大阪の大都会・梅田のビル群のなかにありながら、昭和レトロな空気が流れることから、親しみやすい庶民派の商店街としてこの地に根づいている。

ノスタルジックな雰囲気の旧能勢街道 ノスタルジックな雰囲気の旧能勢街道

左は過去のお初天神通りの看板 左は過去のお初天神通りの看板

お酒とアテに迷ったら「お初天神裏参道」へ

日が暮れた頃には、商店街から枝のように延びる細道も賑わいを見せる。特に注目すべきは、まるで縁日のように25店舗がギュッと集まる「お初天神裏参道」。アーケードのちょうど真ん中辺りで東にそれると、雰囲気がガラッと変わり石畳の細道が続いている。たった数10mの通りには、寿司や天ぷら、フレンチにイタリアン、中華まで和洋中のオールジャンルが勢ぞろい! とりあえず足を運べば店に困ることはなく、2軒目、3軒目もそのときの気分でチョイスできる。軒先にはテーブル席もあるので、テラス感覚で飲めるのもありがたい。露天神社の恩恵にあずかれば、良縁はもちろん、大阪のうまいもんにも出合えるはずだ。

夜風を浴びながら心地良くお酒を楽しめる 夜風を浴びながら心地良くお酒を楽しめる

スポット詳細

住所
大阪府大阪市北区
エリア
梅田エリア
駐車場
なし

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          梅田エリアのおすすめスポット

          大阪のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました