風見鶏の館

歴史的建造物

北野異人館のシンボルとして人々に愛されるレンガ張りの洋館

風見鶏は風向きを知るほか魔除けの意味も 風見鶏は風向きを知るほか魔除けの意味も

ドイツ人貿易商ゴットフリート・トーマス氏の自邸として、1909年(明治42)頃に建てられた風見鶏の館。高くとがった屋根の上に立つ風見鶏や、むき出しの柱が白壁に映える2階部分、レンガ張りの外壁がひときわ目をひく。1階には玄関ホール、応接間、居間、食堂、書斎があり、客人を呼ぶために豪華で重厚な内装に。さらに人が集まる食堂は、ドイツの宮廷や城によく見られる城館風造りになっていて、ほかの部屋よりもシックな雰囲気になっている。2階には、寝室、子ども部屋、朝食の間などがあり、こちらは生活のための部屋とあって1階よりもシンプル。それゆえチラッと見て帰ってしまう人も多いそうだが、合理的なドイツ人ならではの造りだということを知ると、また違った印象を受けるはず。また、部屋の各所に当時の写真が飾られているので、復元された部屋と見比べながら、当時の生活を想像するのもおもしろい。

トーマス夫人のサロンだった1階の応接間 トーマス夫人のサロンだった1階の応接間

壁の飾りでドアを城の塔に見立てている 壁の飾りでドアを城の塔に見立てている

2階の朝食の間はやわらかな陽の光が差し込む 2階の朝食の間はやわらかな陽の光が差し込む

スポット詳細

住所
兵庫県神戸市中央区北野町3-13-3
電話番号
0782423223
時間
9:00-18:00(最終入館17:45)
休業日
6月・2月の第1火(祝の場合は翌日)
料金
[入館料]大人500円(風見鶏の館・萌黄の館2館券650円、シティループ1日乗車券持参の方450円)
※高校生以下、65歳以上の神戸市民、障がい者の方(要証明)無料
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、PayPay、LINE Pay、メルPAY、d払い、auPAY、ALIPAY、Bank Pay、WeChatPay、ICOCA)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
0-30分

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 赤レンガと尖塔が印象的
    4.0 投稿日:2021.01.23
    23年ぶりの神戸。北野異人館街を散策した。トーマス坂を登り詰めると円形の北野町広場に出るが、その上に旧トーマス邸(風見鶏の館)が佇む。赤レンガと尖塔が印象的な建物で、尖塔の上にこの家の別名でもある風見鶏が設えられている。ドイツ人貿易商ゴッドフリート・トーマス氏の自邸として明治40年代に建てられそうで、北野異人館に多いコロニアルスタイルではなく、ネオ・バロック様式の重厚なデザインが特徴だ。昭和後期...
  • 夜間も美しい
    4.0 投稿日:2020.12.06
    北野の異人館の中で無料で間近に建物を望むことが出来る貴重な存在です。スクエアな印象の建物はスマートで屋根上の風見鶏がシンボルであり可愛らしくもあります。日中は多くの観光客で賑わいますが夜になると誰もいない中でライトアップされた美しい姿を眺めることが出来ます。
  • トーマス一家に思いを馳せて
    5.0 投稿日:2020.12.06
    神戸異人館を象徴する、風見鶏を屋根に掲げた美しい洋館です。異人館巡りをするにあたり、何の下調べもせずに入館しましたが、館内の展示からこの建物を建てたドイツ人一家の暮らしや、戦争に翻弄された運命を知る内にすっかり感情移入してしまい、キーホルダーを買うほど好きな館になりました。神戸で貿易商を営むトーマス氏が大切な家族と永住するつもりで建てたこだわりの家であること、一家で一時帰国中に勃発した戦争のせいで...

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          神戸市中心部エリアのおすすめスポット

          兵庫のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました