天王寺動物園

動物園

都心にサバンナ出現、ライオンやホッキョググマに会える!

各線天王寺駅から徒歩約10分の天王寺動物園には、サバンナが広がり、ライオンやキリンなどが飼育されている。人気のホッキョクグマや、日本の動物園ではここでだけ見られるキーウィなど、見どころ満載のスポットだ。

天王寺動物園で生まれたホッキョクグマのホウちゃん 天王寺動物園で生まれたホッキョクグマのホウちゃん

都会の真ん中にある動物園

あべのハルカスなど高層ビルが並ぶ都心にある天王寺動物園。1915年(大正4)1月1日に開園した100年以上の歴史をもつ動物園だ。入場ゲートが2か所あり、各線天王寺駅と近鉄大阪阿部野橋駅から、てんしば奥にある「てんしばゲート」へ向かい徒歩約10分。Osaka Metro動物園前駅から「新世界ゲート」へ向かい、こちらも徒歩約10分。約11万平方メートルある園内は「アフリカサバンナゾーン」「アジアの熱帯雨林ゾーン」「ふれあい広場」「鳥の楽園」の4つのエリアに分かれる。約180種類1000点以上の動物たちが暮らし、見ごたえ十分だ。

てんしば奥にある「てんしばゲート」 てんしば奥にある「てんしばゲート」

都心に広がるサバンナで動物たちの生態をじっくり観察

広大な園内を回るには、まず目当ての動物から見に行くのがおすすめ。天王寺動物園では、ライオンやキリンといった定番の人気動物から、アムールトラやシセンレッサーパンダといった希少な動物までを飼育する。アフリカサバンナゾーンでは、ライオンやキリン、エランドなどを観察でき、岩の間から見える姿は臨場感たっぷり。なかでもキリンのエサやりは、時間を調べて見に行きたい。サバンナに入った飼育員が直接手でエサを与え、キリンが長い舌をからめて食べる……という食事の様子を近くで見られると大人気のイベントだ。エリア周辺にあるカバ舎では、水槽になっている場所があり、陸からも水中からも観察することが可能。大きな体をもつカバが水中を泳ぐ姿は迫力満点だ。

エリア内を悠々と歩き回るアムールトラ エリア内を悠々と歩き回るアムールトラ

ホッキョクグマなど人気の動物たちも多数

アフリカサバンナゾーンをまわったら、次は人気の動物を見に行きたい。まずは天王寺動物園生まれのホッキョクグマを見に行ってみよう。2020年(令和2)11月に生まれたホウちゃんと、お母さんのイッちゃんの2頭を展示している。おもちゃで遊びながら上手に泳ぐ姿はとてもかわいらしい。目当ての動物を見終わったら「ふれあい広場」でエサやり体験をしてみよう。エサを購入し、羊やヤギに自分の手から与えることができる。エサを持っていると動物のほうから近づいてきてくれるので、気軽に触れ合えるチャンスだ。

水浴びを終えたホッキョクグマのホウちゃん 水浴びを終えたホッキョクグマのホウちゃん

「ふれあい広場」で、エサを食べるヤギ 「ふれあい広場」で、エサを食べるヤギ

国内の動物園では天王寺動物園だけが飼育するキーウィ

動物を十分に見てまわったら、園内中央にある学習棟と休憩棟に寄りたい。学習棟にある「TENNOJI ZOO MUSEUM(てんのうじずーみゅーじあむ)」には、過去に園で飼育した動物などのはく製や骨格標本が展示されている。向かいの休憩棟には、飲食店舗「FooZoo(ふーずー)」、物販店舗「GooZoo(ぐっずー)」が入る。ここで、ぜひ手に入れたいお土産がある。日本ではここでだけで飼育されるキーウィのオリジナルグッズだ。マスコットになったキーウィが木箱に並ぶ姿は、まるで果物のキウイのよう。果物ネットも再現され、とてもキュートな仕上がりだ。キーウィは夜行性動物舎で展示されているため、フラッシュ撮影は禁止。ぜひマスコットでその姿を持ち帰りたい。

アジアゾウの「ユリ子」の全身骨格標本 アジアゾウの「ユリ子」の全身骨格標本

木箱に並ぶキーウィのミニマスコット990円 木箱に並ぶキーウィのミニマスコット990円

スポット詳細

住所
大阪府大阪市天王寺区茶臼山町1-108
電話番号
0667718401
時間
9:30-17:00(入園は16:00まで)
[5・9月の土日祝]9:30-18:00(入園は17:00まで)
休業日
月(祝日の場合は翌平日)、年末年始
料金
【入園料】
[大人]500円
[小中学生]200円
[未就学児]無料
※大阪市内在住・在学および大阪市立(市外を含む)の学校に在学の小中学生、大阪市内在住の65歳の方、身体障がい者手帳等をお持ちの方は無料(要証明書提示)
※土日祝の入園には天王寺動物園ホームページから事前予約が必要

【年間パスポート】
[大人]2,000円
[市外小中学生]800円
駐車場
あり(570台)
※有料、近隣の駐車場
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

チケット情報

更新日:2022.08.13

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 年パス
    5.0 投稿日:2021.03.27
    最近赤ちゃんの話題でまた人気が出てきていますがこのたび年パスにしました。皆さんもお子様や恋人家族と遊びに行くのはおすすめです。動物に対するマナーは守りましょう!
  • 街中にある落ち着ける動物園
    5.0 投稿日:2020.10.12
    入園料は抑えめ。最寄り駅からもそこそこ近い。展示動物はこれ!といった特徴的な動物こそいないものの、一般的な動物園のイメージ通りには楽しむことができる。市街地の中にあるので、新世界/通天閣やあべのハルカスなどの観光のついでで一緒に回れるのも良い点である。日陰になる部分が少なく、ベンチに座ってゆっくり…と言うのはあまりできないが、都会型動物園としてはなかなかに理想的と言える
  • 大阪の動物園
    5.0 投稿日:2020.05.08
    大阪の新世界の近くにある動物園。都会なので人が多かったのですが、動物とふれあうこともできて子供は楽しそうでした

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          天王寺・新世界エリアのおすすめスポット

          大阪のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました