残波岬公園

公園/緑地

白亜の灯台が印象的な沖縄屈指の景勝地

読谷村の西部、東シナ海に突き出した岬にある公園。沖縄有数の絶景ポイントとして知られ、家族で楽しめる遊具やBBQ施設なども充実している。岬の先端に立つ残波岬灯台に登って、高所から岬の全景を眺めてみたい。

約2kmにわたり断崖が続く残波岬 約2kmにわたり断崖が続く残波岬

荒々しい波が打ち付ける絶景の岬

県道6号、残波入口交差点から北へ延びる村道残波線が残波岬へのアクセスルートだ。サトウキビ畑やリゾートホテル、白砂の美しい残波ビーチを車窓に眺めながら約3km進むと村道残波線の終点。車は右側にある残波岬公園の駐車場に停めよう。岬の先端には白亜の残波岬灯台が立ち、ゴツゴツとした岩場を縫うように遊歩道が整備されている。海から離れた位置にいても波が岩場に打ち付ける轟音が響き、ときには波しぶきが降りかかることもあり、ここがかなり荒々しい岬であることがうかがえる。遊歩道には中山王、察度(さっと)の弟で、読谷村(よみたんそん)出身の泰期(たいき)の像が立つ。泰期は1372年(文中元)に琉球初の使節団として中国へ渡り、その後の大交易時代の幕を開けた人物で、現在では「商売の神様」として敬われている。ここから400mほど先にある展望台からは、連なる断崖とその先端に立つ灯台を一望でき、残波岬を代表する光景として知られている。

隣にはきれいな砂浜の残波ビーチが広がる 隣にはきれいな砂浜の残波ビーチが広がる

南西諸島一の灯台へ登ってみよう

岬の先端に立つ残波岬灯台は、地上からの高さ31mと南西諸島随一の高さを誇る。また全国に16か所ある「のぼれる灯台」のひとつで、沖縄本島ではここだけ。1階には残波岬灯台資料展示室があり、日本の灯台のルーツや歴史について解説し、灯台の模型などが展示されている。展望所に登ると360度のパノラマが広がり、東シナ海はもちろん慶良間諸島などの離島も眺められ爽快な気分になれる。

最高のロケーションを楽しもう。灯台の入場料(参観寄付金)は300円、小学生以下無料 最高のロケーションを楽しもう。灯台の入場料(参観寄付金)は300円、小学生以下無料

巨大なシーサーや動物との触れ合いも体験

残波岬公園は「残波リゾート アクティビティパーク」として整備され、広大な敷地にはBBQスペースやボールパークなどが設けられている。ひときわ目をひくのは巨大なシーサー、残波大獅子(ざんぱうふじし)。高さ約9mもあり記念撮影のポイントとして人気がある。そのほかにも遊具が並ぶキッズエリア、ヤギやウサギにエサやり体験のできる「ふれあいどうぶつ広場」などがあり、ファミリーでも楽しめるエリアとなっている。

ヤギにエサをあげてみよう。エサやり体験は1回150円 ヤギにエサをあげてみよう。エサやり体験は1回150円

1985年(昭和60)に完成した残波大獅子 1985年(昭和60)に完成した残波大獅子

スポット詳細

住所
沖縄県中頭郡読谷村宇座1233
電話番号
0989829200
時間
終日
休業日
無休
料金
無料
駐車場
あり
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          西海岸リゾートエリアのおすすめスポット

          沖縄のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました