久米島町奥武島の畳石

その他の名所

自然が生み出した幾何学模様の岩畳は必見

久米島の東、奥武島の海岸にある国の天然記念物指定の奇岩群。干潮時に顔を見せる岩の形が五角形や六角形であることから「亀甲岩」とも呼ばれ、その数は約1,000個以上。表面は波の浸食で平らになっており、自然が産み出した芸術品だ。

スポット詳細

住所
沖縄県島尻郡久米島町字奥武島
電話番号
0988517973
時間
見学自由
休業日
見学自由
料金
無料
駐車場
有(20台)
クレジットカード
不可
備考
[久米島町観光協会]098-896-7010

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 亀の甲羅みたい
    4.0 投稿日:2020.08.12
    亀の甲羅のような石がずらっと敷き詰めてあります。海と一緒に見ると綺麗です。ヤドカリが沢山歩いていました。
  • 亀の甲羅のような奇岩。
    4.0 投稿日:2020.03.22
    砂浜の先から波打ち際まで、亀の甲羅のような形をした岩がびっしり。直径1メートル以上の四角、五角、六角形の大きなタイルのようですが、薄い板状ではなく高さ100メートルにも及ぶ柱なのだそうです。柱状節理というらしい。国の天然記念物です。
  • 畳石が亀の甲羅みたいで不思議な場所
    5.0 投稿日:2020.03.10
    昔々の溶岩が冷え固まって、亀の甲羅みたいになったそうで、この場所の歴史をすごく感じます。海もとてもキレイです。駐車場も沢山あるので、隣のウミガメ館とのんびり滞在できます。畳石の上はビーチサンダルだとかなり滑りますので、気を付けてください。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          沖縄のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました