NAVITIME Travel
ゆいれーるてんじかん

ゆいレール展示館

博物館/科学館

沖縄都市モノレール株式会社敷地内にある。展示品数は約400点。1階はゆいレールにまつわるフロアで、完成までの様子を映像で紹介している。2階は戦前の沖縄に通っていた、軽便鉄道の貴重な資料や各種切符などを展示。またパソコンを使って、様々なデザインのゆいレールのペーパークラフトを作成でき、印刷したものを持ち帰ることができる。入館料は無料。

map zoom out image pin
place 沖縄県那覇市字安次嶺377-2 沖縄都市モノレール本社敷地内
phone 0988592630

ゆいレール展示館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2018/11/19 入場無料の施設です。
入場無料の施設ですが訪れる人はほとんどいません。
しかし二階の国鉄時代の展示物は見応えがあります。
個人のコレクターが寄付をした者です。
投稿日:2018/04/02 無料です
那覇空港近くの車両基地内にあります。1Fがゆいモノレール、2Fは地元(?)の鉄道ファンが集めた全国の鉄道グッズが展示されれています。無料ですが、気合が感じられない博物館です。
投稿日:2018/03/25 ”歴史資料”展示館といった感じ、、、
ゆいレールの那覇空港駅から下に降り、レール沿いに歩くこと10数分。
沖縄都市モノレール株式会社の敷地内にあります。
鉄道の歴史等興味深い内容もありましたが、現行のモノレールが見れるわけではないので、”歴史資料”展示館といった感じ。
正直、お子さん向きではないですねぇ-(笑)

詳細情報

住所

沖縄県那覇市字安次嶺377-2 沖縄都市モノレール本社敷地内 [地図]

電話番号

0988592630

営業時間
9:30-16:30(入場は16:00まで)
休業日
土日祝、年末年始
料金
[入館料]無料
駐車場
あり 5台
※駐車できない場合も有り
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

周辺のレストラン

周辺のホテル

沖縄 の主要エリア

around-area-map

沖縄県は、沖縄本島とそれを含む113の島で構成されている県で、観光スポットも沖縄本島とそれ以外の島に分けられます。沖縄県本島の「那覇空港」は、さまざまな県からの直行便が出ており、東京からは、約2時間半でアクセスできます。 沖縄県内での移動はレンタカーがベストです。那覇市内はゆいレールなど比較的公共交通機関が整っていますが、本島でも南に向かうに従い電車などでの移動は難しくなります。夕方の時間帯は道路が渋滞するので注意しましょう。 「沖縄美ら海水族館」や各地のビーチ、島と島を結ぶ4.7kmの「海中道路」や「古宇利大橋」などドライブスポットが多い海辺に、亜熱帯の森がある「ガンガラーの谷」や世界遺産の「首里城」など見どころ満載の沖縄ですが、海のアクティビティを楽しみたいという方は、フェリーを利用して石垣島や宮古島、久米島・慶良間諸島などの離島へ出かけるのがおすすめです。 そんな沖縄では料理にも独特の文化が根付いており、ゴーヤで作るゴーヤチャンプルや豚肉を使った沖縄そばなどは定番料理の一つです。沖縄でしか出会えない郷土料理なので、観光の際はぜひ味わいたい一品です。