NAVITIME Travel

あおい

その他飲食店

京都府京都市中京区の「ニュー京都ビル」の1階奥にある京おばんざい店で、カウンター6席とテーブル席1卓の小ぢんまりとした店。カウンターには、煮物や和え物など大皿に盛られたおばんざいがズラリと並び、ビールや地酒など様々なお酒も楽しめる。カウンター席では、割烹着の女将との会話も楽しみのひとつ。メディアで紹介されることも多い人気店のため、確実に入店したいなら事前予約もできる。

place

京都府京都市中京区木屋町通三条下がる材木町181-2 ニュー京都ビル1F 奥 (河原町・四条烏丸エリア)

phone 0752525649

あおいの口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2018/07/14 アットホームなおばんざいのお店
ガイドブックにおばんざいのお店がいくつか載っていた中でこちらのお店を予約して伺いました。カウンターとテーブル席が1つのお店です。常連さんが多いようです。お女将さんとお客さんの掛け合いが楽しく、結局隣同士になったお客さんと話が弾んでしまい、皆でワイワイしている気分になってきます。1人で訪れる女性も多いみたいです。お料理もカウンターの上にたくさん並んでいてどれにするか迷います。
関西らしい優しい味でし...
投稿日:2018/04/11 女将さん、最高!
女子三人京都旅。先斗町あたりで小料理屋を探していて、ガイドブックに載っていた写真に引き込まれ、日曜の夜の当日だけど、ダメ元で17:00頃予約の電話を入れてみた。チャキチャキの女将さん、「18:30からだと空いてないけど18:00から30分なら空いてるよー、おいでよー!待ってるねー!」という感じでお誘いを受けたので勢いに任せそのまますぐにお店へ。カウンター6席と奥に四人がけのテーブル席1つのこじんま...
投稿日:2018/01/08 お料理良し、居心地良し、コスパ良し
カウンターが6席と、テーブル席が1つの小さなお店。非常に気さくで、心配りの素敵な女将との会話が楽しい。店員さんも感じが良い。器選びのセンスが良く、おばんざいは、どれも美味しく、ハズレが無い。特に、粕汁、湯葉、万願寺とうがらしとじゃこの炒め物、えび芋のから揚げが美味しかった。
ビール2本と日本酒二合、8品程取って、1万円でお釣りが来た。
京都を訪れた時は、一度は寄りたいと思う。
席が少ないので、予約...

おすすめ記事

詳細情報

住所
京都府京都市中京区木屋町通三条下がる材木町181-2 ニュー京都ビル1F 奥 [ 地図 ]
エリア
河原町・四条烏丸エリア
電話番号
0752525649
時間
17:00-23:00(L.O.22:00)
休業日
月、日、祝不定休
駐車場
なし
クレジットカード
Wi-Fi
なし
喫煙
不可
ベジタリアンセレクション
あり(但し、出汁に鰹(カツオ)を使用)
英語メニュー
なし

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          ルート検索

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          京都 の主要エリア

          around-area-map

          京都府は南北に細長く、内陸側に位置している南部と、日本海側に面している北部では気候も大きく異なります。京都府は府内全域が観光地となっており、交通手段も豊富です。しかし、府内全部を回ろうとすると移動だけでも相当な時間がかかります。 京都は8つのエリアに分かれます。観光の際は、この中から行きたいエリアを場所に応じて2~3選んでスケジュールを組むのがおすすめです。 洛西方面にある金閣寺や龍安寺などの世界遺産は、太秦や嵐山・嵯峨野といった観光地とも距離が近く、一日でめぐることができます。洛南でも東寺や西本願寺、随心院、東福寺など歴史ある建造物を存分に堪能できるエリアです。 洛東の京都駅や祇園、銀閣寺や哲学の道など京都らしい風情が漂う界隈も距離が近く、バスでめぐると移動が簡単ですが、オンシーズンには大変混み合うため徒歩やタクシー、電車を利用すると混雑を回避できます。 鞍馬・貴船・大原エリアは繁華街からは離れ、自然豊かな場所です。水辺なので、服装には注意して行きましょう。源氏物語で有名な宇治や、舞鶴・天橋立、亀岡・美山・福知山エリアも市外になるので、観光の際はスケジュールをしっかり組んで行きましょう。 京都は観光スポットが多いだけでなく、京懐石やおばんざい、ハモ料理、抹茶スイーツなど、京都ならではのグルメも豊富です。また、千枚漬けや八つ橋、宇治抹茶など美味しいおみやげにも困りません。

          関連する記事

          関連する観光コース

          京都の写真集