大仙院

寺院

深山幽谷の世界から大海までを描く枯山水庭園

国宝の方丈。大徳寺で最も古い方丈建築のひとつ 国宝の方丈。大徳寺で最も古い方丈建築のひとつ

大徳寺塔頭の大仙院は、1509年(永正6)に古嶽宗亘(こがくそうこう)が創建。臨済宗では庭を修行の場ととらえ、方丈の周りをぐるりと枯山水が取り囲む。庭の中心となるのは、北東角のそそり立つ石組み。不老長寿の仙人が住むという蓬莱山から流れ落ちる滝は渓谷を下り、石橋を過ぎると川の流れも幅広くゆるやかに。さらに、渡り廊下を越えると、そこは人びとの暮らす京の都。鴨川を行き交う宝舟や比叡山をイメージした石が配されている。いずれも人の手が入らない自然石だ。その先には穏やかな大海が広がる。雄大な自然の風景がストーリーをもって展開されている点が興味深い。この庭を前に、利休が秀吉に茶を献じたとも伝わり、それにあやかって飲むと3回良いことが起こる「三福茶」のお点前もしてもらえる。

静まりかえった谷に響く滝の音が聞こえてきそうな蓬莱山の情景 静まりかえった谷に響く滝の音が聞こえてきそうな蓬莱山の情景

花頭窓のある渡り廊下の壁を透渡殿(すいわたどの)と呼ぶ 花頭窓のある渡り廊下の壁を透渡殿(すいわたどの)と呼ぶ

大海の南西隅には、夏に白い花を咲かす沙羅の木 大海の南西隅には、夏に白い花を咲かす沙羅の木

左の拾雲軒では沢庵和尚が宮本武蔵に剣の極意を伝授した 左の拾雲軒では沢庵和尚が宮本武蔵に剣の極意を伝授した

一の門は大徳寺本坊の北側、真珠庵のすぐ手前 一の門は大徳寺本坊の北側、真珠庵のすぐ手前

スポット詳細

住所
京都府京都市北区紫野大徳寺町54-1
電話番号
0754918346
時間
[3-11月]9:00-17:00
[12-2月]9:00-16:30
休業日
年中無休(寺院行事の節は拝観不可)
料金
[拝観料]一般(高校生以上)400円、小中学生270円
[抹茶]300円
駐車場
あり(大徳寺の駐車場をご利用ください)
クレジットカード
不可
Wi-Fi
なし
喫煙
不可
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          上賀茂周辺エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました