退蔵院

寺院

水琴窟の澄んだ音色と四季の彩り豊かな庭園を愛でる

通年公開の退蔵院は見どころ多数。こちらは昭和の名庭・余香苑 通年公開の退蔵院は見どころ多数。こちらは昭和の名庭・余香苑

46ある妙心寺の塔頭のひとつで、朱塗りの三門の西隣に位置する退蔵院。創建は1404年(応永11)、妙心寺第3世・無因宗因禅師を崇敬した波多野出雲守重通が建立。室町時代の絵師・狩野元信が作庭した枯山水の名園「元信の庭」や、約3300平方メートルの広さを誇る池泉回遊式庭園「余香苑(よこうえん)」が見どころ。余香苑は「昭和の小堀遠州」と称された中根金作によるもの。門をくぐった途端、しだれ桜が目に飛び込んでくる春が最も華やかだが、四季折々に色彩豊かな名園だ。一角には江戸時代の水琴窟があり、澄んだ音色が心を鎮めてくれる。退蔵院が所蔵する文化財で特に有名なのは、画僧・如拙による水墨画『瓢鮎図(ひょうねんず)』。室町幕府4代将軍・足利義持が投げかけた「瓢簞で鯰(なまず)を押さえとることができるか」という問いに対し、京都五山の31人の禅僧が頭をひねって答えを示す。その禅問答を絵と文字で表現した珍しい作品で、如拙の最高傑作。国宝に指定されている。

方丈から苔庭を望む(画像提供:退蔵院) 方丈から苔庭を望む(画像提供:退蔵院)

『瓢鮎図』(複製)は方丈で見られる 『瓢鮎図』(複製)は方丈で見られる

大休庵では『瓢鮎図』にちなんだオリジナル菓子と抹茶をいただける 大休庵では『瓢鮎図』にちなんだオリジナル菓子と抹茶をいただける

スポット詳細

住所
京都府京都市右京区花園妙心寺町35
電話番号
0754632855
時間
9:00-17:00
休業日
年中無休(法要等により、休業となる場合あり)
料金
【拝観料】
[大人]600円
[小・中学生]300円
駐車場
あり(30台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
0-30分

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • お茶頂けます
    4.0 投稿日:2020.04.11
    Wi-Fi使って今の住職が積極的に案内してくれます。今風のお坊さんと、歴史ある塔頭、今のご住職のおじいさんがしつらえた庭園、見所沢山です。お茶も頂けます。(有料)
  • 600年を越える歴史を持つ塔頭
    3.0 投稿日:2020.03.02
    46の塔頭の中でも屈指の古刹で、山門を潜ると広い敷地が広がっています。宮本武蔵も修行したと言う方丈(本堂)、狩野元信が作庭した枯山水庭園である元信の庭、垂れ桜と紅葉で有名な余香苑(池泉回遊式庭園)、そして国宝の瓢鮎図(写し)と見応えが有ります。目立たない場所にあるのですが、蹲と水琴窟も、竹筒に耳を当てると美しい水の響きが聞こえて来ます(まるでスピーカーのよう)。茶室もとても立派で、今回は時間がなく...
  • 雨の日だったので・・・
    4.0 投稿日:2019.07.19
    雨の日だったので、ゆっくり歩きまわって満喫とはいきませんでしたが、落ち着いた雰囲気とお庭は素晴らしい。妙心寺に行ったら是非。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          太秦・花園エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました