関連する記事

関連する観光コース

- 北海道 PHOTO ALBUM -

banner_photo

北海道帯広市にある、明治43年(1910)に神社創立願を提出した開拓の三神を御祭神として祀っている神社。三柱の神がいずれも国土にまつわる神であり、また国道38号線に面した立地であることから、諸災難除けのみならず交通安全の信仰も篤い。毎年1月15日に行なわれるどんど焼きは松飾りや注連縄をお焚き上げする伝統的行事だが、現在ではお札やお守り、神棚なども一緒に焚き上げられる。2月には節分と厄祓いも行なわれる。

place

北海道帯広市東三条南2-1 (帯広・十勝エリア)

phone 0155233955

帯廣神社の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2021/06/20 国道わきの鳥居から広い境内に入ります
帯広市を通っている国道38号線沿いに、こちらの帯広神社がありました。国道あのすぐ脇に鳥居が建っていて、そこから境内に入りました。
境内はかなりの広さがあり、鳥居からまっすぐに伸びている参道を北に進んでいくと、立派な造りの本殿がありました。本殿でのお参りを済ませた後、境内で見つけたのが、「シマエナガみくじ」。あのシマエナガがそのままおみくじになっているんです。とってもかわいいおみくじですね。
投稿日:2021/05/23 「シマエナガ」みくじがかわいいですね!
帯広市の中心部を東西に走る国道38号線。その国道に面して帯廣神社がありました。国道わきには大きな鳥居があって、そこから境内に入りました。
広い境内を進んだ先に、立派な本殿が建っています。本殿横には、おみくじなどがありました。その中の一つに「シマエナガ」みくじがありました。その白くてまん丸い形がかわいいと評判のシマエナガですが、このおみくじはその特徴をよくとらえていて、かわいらしかったです。
投稿日:2019/12/18 自然とマッチしている
変にド派手な神社だったりせず、落ち着いた神社です。敷地内には大きな木がたくさんあり、リスもたくさんいたりと自然あふれるスポットです。

おすすめ記事

詳細情報

住所
北海道帯広市東三条南2-1 [地図]
エリア
帯広・十勝エリア
電話番号
0155233955
時間
[神門の開門時間(4-9月)]5:00-18:00
[神門の開門時間(10・3月)]5:30-17:30
[神門の開門時間(11-2月)]6:00-17:00
[祈祷受付(4-9月)]8:00-17:30
[祈祷受付(10・3月)]8:00-17:00
[祈祷受付(11-2月)]8:00-16:30
[社務所]8:00-20:00

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          北海道 の主要エリア

          around-area-map

          北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。