NAVITIME Travel

釧路市湿原展望台

展望台/展望地

建築設計家・毛綱毅曠の設計による、西欧の城を思わせる建物「釧路市湿原展望台」。館内には湿原を再現したジオラマや湿原の四季、生い立ちについての展示がある。3階の展望台からは広大な湿原を一望でき、その眺めはまさに壮大。建物の周囲には一周2.5kmの遊歩道が整備されており、エゾカオジロトンボやキタサンショウウオなどが生息している。

釧路市湿原展望台の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2018/11/15 行く価値なし
470円と有料なのに、その価値は全く無い、と感じました。なぜなら、肝心の湿原の中心部の方がなぜか視界が遮られているような感じであること、大して高く無いこと。ここにこれが建っている訳はギリギリ釧路市内にある行政区画上の高台である、というかことなんだと思います。釧路市手前の工業プラントは見えるが隣の鶴居村の領域の湿原に視界が開けていないのも理由がつく気がします。
もう少し走って、鶴居村に入れば道路脇の...
投稿日:2018/11/13 有料です!
大人470円と有料です。
一階から屋上にエレベーターで上がり遠くに湿原が見渡せる展望台があります。
そのあと階段で下りていくと湿原の様子やタンチョウの様子やモニュメントが展示されています。
眺めはそんなにたいしたこともないのでお金を払ってまで入館することは次はありません。
投稿日:2018/10/17 初めて見る湿原の紅葉
日本最大の湿原を西側から眺められる展望台。10月中旬で秋晴れの日だったので、穏やかな紅葉が綺麗でした。ただ展望台からの眺めだけでは「湿原」感はよく分からないですね。貴重な植物や動物もいるところなので、時間があれば遊歩道へ。一周しても1時間位らしいし、タンチョウに会える事も多いらしい。

おすすめ記事

詳細情報

住所
北海道釧路市北斗6-11 [ 地図 ]
エリア
釧路・阿寒・根室・川湯・屈斜路エリア
電話番号
0154562424
時間
[5/1-10/31]8:30-18:00
[11/1-4/30]9:00-17:00
※最終入館は閉館30分前まで
休業日
年末年始(12/31-1/3)
料金
[入館料]一般・大学生470円、高校生250円、小中学生120円
駐車場
有(大型バス7台、普通車108台、身障者専用3台)

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          ルート検索

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          北海道 の主要エリア

          around-area-map

          北海道は、広大な面積と海に囲まれた立地から、自然・観光・グルメなどさまざま楽しみ方ができる場所です。 北海道の玄関口・新千歳空港をはじめ14もの空港があり、さまざまな県から飛行機で乗り入れられます。東京からは新千歳空港まで1時間40分で着きます。 北海道は、大きく分けて道央、道南、道北、道東の4つのエリアに分けられ、さらに細分化した各エリアにはそれぞれの特色があります。 道東では、世界遺産にも登録された知床や流氷で有名な網走などのオホーツクを含んだエリアで、見事な自然が見ものです。 道北には美しいラベンダー畑が有名な美瑛・空知、日本最北端の稚内や礼文島のほか、留萌・宗谷があります。 道南は世界三大夜景の一つである函館を有し、北海道の玄関口ともいえる場所。道央にある札幌は多くの観光施設があり、雪まつりなど大きなイベントも盛んです。 食材の宝庫とも言われる北海道だけに、新鮮な魚介を使った海鮮丼や北海道遺産に指定されているラーメンとジンギスカン、札幌のスープカレー、帯広の豚丼、日本のウイスキーで有名なニッカウヰスキーなど、数えきれないほどグルメを楽しめます。

          関連する記事

          関連する観光コース

          北海道の写真集