NAVITIME Travel

栗尾山満願寺

寺院

真言宗の寺院。その歴史は古く、725年ごろに池から出現した仏像を本尊として堂宇を建てたことが始まりとされる。本堂には、人の死後49日間の苦しみを表現した「地獄極楽変相之図」が描かれている。参道入り口にかかる木製の橋は「お経橋」と呼ばれ、橋板の裏側に経文が書かれ、渡るときにはお経を唱えなければならない。つつじの名所としても知られており、5月から6月にかけて約5000株ものつつじが花を咲かせる。

place

長野県安曇野市穂高牧1812 (白馬・大町・安曇野エリア)

phone 0263832088

満願寺の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/11/04 微妙橋が美しい
下の駐車場に車を置き、木の山門をくぐり、北の沢に架かる欄干、屋根付きの太鼓橋を渡ると地蔵堂があり、さらに苔むした石段の山道が、奥へと高度を上げながら続き、途中大きく一折れすると、仁王門を仰ぐ石段となり、さらに進むと手水舎から境内へと入ります。
木製の微妙橋の裏にはお経が書かれていて、お経バシとも呼ばれていて、北の沢を三途の川に見立て、極楽浄土への参道が続くとされているのだそうです。
つつじで有名な...
投稿日:2019/08/12 地獄絵図は必見です
長野県安曇野市にある真言宗豊山派の寺院で、安曇野一のツツジの名所や美味しい湧水として知られていますが、見どころは何といっても、本堂にある「地獄極楽変相之図」で、亡くなった後の四十九日の苦しみを現したもので「血の池地獄、針山地獄、閻魔大王の裁判所・・・」などベタな地獄の絵ですが、運良ければお寺の住職の方から詳しく説明していただけるので妙な説得力があります。これは必見です。
投稿日:2018/06/06 新緑が滴る静寂の参道
地元紙でつつじ園が見頃との記事を目にして行ってみました。地元ながら訪れるのは実に30年ぶりで記憶も薄れていたのですが、つつじもさることながら樹々に囲まれた石段の参道の静謐さに身体が浄化されたような心持ちになりました。

場所は、山麓線のアートヒルズとアルプスあづみの公園穂高口のちょうど中間あたりを山側に曲がり車で10分と掛からないところですが、里山の麓とあってお寺付近になると人里離れた雰囲気になり...

おすすめ記事

詳細情報

住所
長野県安曇野市穂高牧1812 [ 地図 ]
エリア
白馬・大町・安曇野エリア
電話番号
0263832088
時間
境内自由
休業日
無休
料金
境内自由
駐車場
有り

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          ルート検索

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          長野 の主要エリア

          around-area-map

          中部地方東側の海に面していない内陸の県です。三大都市圏からは車・電車・バスでアクセスが可能で、電車の場合、東京からは「北陸新幹線」、名古屋からは「特急しなの」の利用が便利です。 県内は「アルプス山脈」「八ヶ岳」「三嶽山」など山岳地が多く、壮観な山々とそれに伴う多くの温泉があります。また、夏は避暑地、冬はスキーリゾートとして親しまれており、一年を通して見どころがあります。重要伝統的建造物群保存地区や国宝、国指定の名勝も数多くありますので、ノスタルジックな雰囲気を味わいたい方も楽しめます。自然からアクティビティ、温泉、歴史と幅広い旅の選択ができるのが大きな魅力です。 長野県は内陸県であり、寒冷地でもあるので、小麦やそばが郷土料理として使われています。特に有名なのが、小麦粉やそば粉で作った皮で野菜や豆で作った餡を包むおやきです。長野に行ったら一度は食べたい名物です。

          関連する記事

          関連する観光コース

          長野の写真集