関連する記事

関連する観光コース

- 石川 PHOTO ALBUM -

banner_photo

石川県銭屋五兵衛記念館・銭五の館

富国民利を願った銭屋五兵衛の生き様を辿る

幕末の時代、鎖国状況の中で北前船を駈って国内外を駆け巡り、加賀100万石の経済を支えた海の豪商・銭屋五兵衛の記念館。平成9年(1997)、彼の人物像や偉業についての顕彰と資料収集、保存や情報提供を目的にこの記念館が建てられた。館内ではアニメ映像で銭五の半生を紹介するほか、北前船実物大1/4模型で擬似航海を体験することが可能だ。併設する「銭五の館」は銭屋の旧宅と3階建ての蔵を移築再現した建物。一族所縁の遺品を見ながら往時を偲ぶことができる。

place

石川県金沢市金石本町ロ55 (金沢エリア)

phone 0762677744

石川県銭屋五兵衛記念館 銭五の館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2017/12/09 加賀のあきんど
銭屋五兵衛さんは、両替商を営み、屋号を銭屋と生業をしていました。そして呉服、古着商、木材商、海産物、米穀にも商いを拡張し北前船を使って海運業にも及んだ、現代なら大商社です。銭屋五兵衛の人物像、偉業についての資料収集、保存されています。特に『年々留 五兵衛の日記』は県指定文化財です。
投稿日:2017/03/06 館長さん
とても、熱心な館長さんの説明が印象的でした。
駐車場から、記念館までに、立派な庭を歩いて行くので、天気がよければ、気持ちが良いと思います。
投稿日:2016/02/10 江戸末期の海の豪商
金沢を訪れる人は大部分駅を出て東側の観光地に向かうが、ここは海に近い西側にある。JR金沢駅から離れているが、駅前からバスの便がある。
北前船で北は樺太から南はオーストラリアのタスマニアまで行ったという。記念館にはその船のレプリカが展示されている。一方、銭五の館は居住あとを復元したもので、遺品も飾られている。あまり儲けすぎて妬まれ、悪徳商人の汚名を着せられ獄につながれるという苦労もあったが、渡航が許...

おすすめ記事

詳細情報

住所
石川県金沢市金石本町ロ55 [地図]
エリア
金沢エリア
電話番号
0762677744
時間
9:00-17:00(最終入館16:30)
[銭五の館]10:00-17:00(最終入館16:30)
休業日
無休(12-4月は火、祝の場合は翌日)
料金
[入館料]大人500円(20名以上団体400円)、小中高生350円(20名以上団体300円)
駐車場
あり(30台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、その他(クレジットカード))
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          石川 の主要エリア

          around-area-map

          北陸地方中央にあり日本海に面した石川県は、「小松空港」と「能登空港」があり、東京からは直行便が出ています。大阪や名古屋からは電車でのアクセスが一般的です。 石川県金沢市には、懐古の情にかられる国の名勝や重要伝統的建造物群保存地区がたくさんあります。日本三庭園の一つ「兼六園や」、江戸の町にタイムスリップしたようなひがし茶屋街、実際に藩士が住んでいた武家屋敷跡など見どころは盛りだくさんです。 また、日本海と棚田の見事な景観が見られる「白米の千枚田」や、自然の迫力を感じる「姥ヶ滝」など、自然や人間の造形美を堪能できます。 このような日本海の自然は食の部分でも楽しめ、ご当地グルメで人気な能登丼は、能登の水で炊いた米の上に、日本海で獲れた海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼です。他にも、加賀の伝統料理の治部煮や、マスとかぶを塩漬けにしてはさみ、麹で漬けたかぶら寿司など、おいしい郷土料理も豊富にあります。