関連する記事

関連する観光コース

- 石川 PHOTO ALBUM -

banner_photo

十一代大樋長左衛門窯・大樋美術館・大樋ギャラリー

百万石文化を育てた加賀の茶陶に触れよう

「大樋焼」とは、加賀藩主五代・前田綱紀侯が茶道普及のため仙叟宗室を招いた際、郊外の大樋村(現大樋町)からの粘土を使って茶わんを制作したのが始まりと伝わる焼き物のこと。ろくろを一切使わず手で捻り、飴釉を施しているのが特徴だ。敷地内に建つ美術館は初代長左衛門から当代までの大樋焼作品や加賀藩に縁の深い茶道具類を展示しており、1年を通して見学することが可能。江戸時代に建てられた屋敷は当時の武家屋敷で、金沢指定保存建造物に登録されている。

place

石川県金沢市橋場町2-17 (金沢エリア)

phone 0762212397

大樋美術館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/05/14 ミシュラン一つ星
金沢市橋場町にあります、金沢市の陶芸家大樋長左衛門の窯の敷地内にあります見ごたえがある美術品が並びます美術館では珍しいミシュラン一つ星に認定されています。
投稿日:2020/04/15 松も見どころ
大樋焼の窯元でギャラリーと中でお茶もいただける施設です。
京都の裏千家から加賀に茶道が伝わり、その後加賀藩に厚く保護されて今に至ったそうです。
ちょっと変わった型の「聖」だったかな?それの価値は私などにはわかりません。
庭の折鶴の松は外で見た方が全景を見られます。
投稿日:2019/08/18 大樋焼をゆっくり見れました。
夫婦で金沢に来ました。妻は刺繍の体験の間、大樋焼美術館に行って来ました。飴釉の茶碗は思ったよりは黒色に近く、初代の作品は小振りで渋く見ていて楽しみました。美術館は私一人でしたので、ゆっくり何度も見て回りました。その後、五代の茶碗でお茶を頂きました。素晴らしい時を過ごせました。

おすすめ記事

詳細情報

住所
石川県金沢市橋場町2-17 [地図]
エリア
金沢エリア
電話番号
0762212397
時間
9:00-17:00(最終入館16:30)
休業日
無休(展示替え期間、臨時休業あり(要問合せ))
料金
【入館料】
[大人]700円
[小中学生]500円
※お抹茶付:美術館入場の場合800円追加
駐車場
あり(3台)
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          石川 の主要エリア

          around-area-map

          北陸地方中央にあり日本海に面した石川県は、「小松空港」と「能登空港」があり、東京からは直行便が出ています。大阪や名古屋からは電車でのアクセスが一般的です。 石川県金沢市には、懐古の情にかられる国の名勝や重要伝統的建造物群保存地区がたくさんあります。日本三庭園の一つ「兼六園や」、江戸の町にタイムスリップしたようなひがし茶屋街、実際に藩士が住んでいた武家屋敷跡など見どころは盛りだくさんです。 また、日本海と棚田の見事な景観が見られる「白米の千枚田」や、自然の迫力を感じる「姥ヶ滝」など、自然や人間の造形美を堪能できます。 このような日本海の自然は食の部分でも楽しめ、ご当地グルメで人気な能登丼は、能登の水で炊いた米の上に、日本海で獲れた海の幸を豪快に盛り付けた海鮮丼です。他にも、加賀の伝統料理の治部煮や、マスとかぶを塩漬けにしてはさみ、麹で漬けたかぶら寿司など、おいしい郷土料理も豊富にあります。