関連する記事

関連する観光コース

- 青森 PHOTO ALBUM -

banner_photo

七戸町立鷹山宇一記念美術館

青森県七戸町出身の洋画家 鷹山宇一(1908-1999)の画業を顕彰して平成6年(1994)に開館した美術館。常設展では、鷹山が生涯作品発表の場としてきた二科展での出品作を中心に、制作活動の根幹と成した多数のデッサンなども順次展示をしている。年2回ほど特別展も開催される。

place

青森県上北郡七戸町荒熊内67-94 (十和田・奥入瀬エリア)

phone 0176625858

鷹山宇一記念美術館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2018/12/13 いろんな作品が観られる
この1月に出かけた際には改装中で未遂。
今回も雪中行軍だったが、宇一の他にもいろんな作品を愉しめた。
更に、七戸の小中学生の展覧会も併設され、じっくり見て回った。
近頃の小学生も極めてレベル高いんですねぇ。

おすすめ記事

詳細情報

住所
青森県上北郡七戸町荒熊内67-94 [ 地図 ]
エリア
十和田・奥入瀬エリア
電話番号
0176625858
時間
10:00-18:00(最終入館17:30)
休業日
月(祝日の場合は翌日)、展示替え期間、一部企画展は無休
料金
[入館料]
大人500円、高校・大学生300円、小・中学生100円(企画展時変更あり)
駐車場
有り

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          青森 の主要エリア

          around-area-map

          本州の北端にあり、三方を海に囲まれている青森県。空港は三沢空港と青森空港があり、東京、大阪、名古屋からは約1時間15分~1時間50分のアクセスです。 観光としては、世界遺産である白神山地をはじめ、奥羽山脈、八甲田山、岩木山といった山々から、鏡のように美しい十和田湖、海と奇岩が生み出す絶景が壮観な仏ヶ浦など、雄大な自然を楽しめます。 また、青森県はもともと津軽藩と南部藩に分かれていたため、この二つの地域では風習や文化が異なり、郷土料理にもその違いが表れています。津軽地方では、タラのアラや野菜を塩で煮込んだタラのじゃっぱ汁や赤カブを漬けた漬物、モチ米と砂糖水を練ったかまぼこ型のお菓子うんぺいなどがあり、南部地方では鍋にせんべいを入れたせんべい汁や、三角に切って茹でたそばをネギ味噌で食べるかっけなどの郷土料理が楽しめます。