関連する記事

関連する観光コース

- 茨城 PHOTO ALBUM -

banner_photo

古河文学館

3.5

資料/郷土/展示/文学館

大正ロマンが漂う静かな洋館

茨城県内初の文学館として平成10年(1998)に開館。歴史小説家・永井路子、推理作家・小林久三などの地域ゆかりの作家に関する資料を展示している。常設展示「古河ゆかりの文学者たち」をはじめ企画展も開催。コンサートにも使えるサロンや講座室も併設している。

place

茨城県古河市中央町3-10-21 (常総エリア)

phone 0280211129

古河文学館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2018/11/07 古河市ゆかりの作家に関する展示充実。
訪れた10月末は、玄関先の紅葉がシックな建物とあいまって、まるで軽井沢のホテルを思わせる雰囲気を漂わせていました。
この市で育った歴史小説家の永井路子と、戦前の絵雑誌「コドモノクニ」発行人で泉石のひ孫である鷹見久太郎をはじめとする、古河市ゆかりの文人作家に関する展示が充実。
歴史博物館と篆刻美術館との共通入館券がお得。無料で見学できる永井路子旧宅(ここの別館)、街角美術館、鷹見泉石記念館と...
投稿日:2018/09/19 古河城跡にあります
古河城跡の敷地内、古河歴史博物館のすぐ近くにありました。古河にゆかりのある文学者の原稿や資料などが多く展示されていました。サロンなどもあり、施設として充実したつくりになっていました。
投稿日:2018/06/12 古河ゆかりの
古河市ゆかりの作家について展示してあります。あまり知っている人はいませんでした。ホールには蓄音機が置いてありましたが、行ったときは故障中で残念ながら音は聞けませんでした

おすすめ記事

詳細情報

住所
茨城県古河市中央町3-10-21 [地図]
エリア
常総エリア
電話番号
0280211129
時間
9:00-16:30
休業日
月、第4金、祝の翌日、年末年始
料金
[入館料]200円
[篆刻美術館・古河歴史博物館との共通券]600円
駐車場
あり(30台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
可(館外の指定場所のみ可)
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          茨城 の主要エリア