文化のみち橦木館

歴史的建造物

カフェも併設された、大正期の陶磁器商の元邸宅

玄関がある洋館の奥に和館がつながる、「文化のみち橦木館」 玄関がある洋館の奥に和館がつながる、「文化のみち橦木館」

文化のみちの中心エリア「白壁(しらかべ)・主税(ちから)・橦木町並み保存地区」は、陶磁器産地の瀬戸や多治見とつながる街道に近かったことから、陶磁器の絵付け・加工業者などが多く集まっていた。文化のみち二葉館から西へまっすぐ200mほどのところにある「文化のみち橦木館」は、陶磁器商として財をなした井元為三郎(いもとためさぶろう)の元邸宅だ。大正末期から昭和初期にかけて、和館、洋館、東西二棟の蔵、茶室、庭園が次々と造られていった。名古屋市指定有形文化財、景観重要建造物にも指定されている。洋館の玄関から中に入ると、旧応接室や玄関ホールにステンドグラスが設置され、輸出の商談を行うため、多くのバイヤーを招待していた名残が感じられる。奥に進むと一転、和室が広がり、大正末期の和洋折衷の建築様式を今に残している。洋館の展示室では、名古屋の陶磁器産業の歴史をパネルなどで紹介。また、旧応接室はカフェとして使われ、テラス席でくつろぐこともできる。

陶磁器産業の歴史を紹介する洋館2階の展示室 陶磁器産業の歴史を紹介する洋館2階の展示室

旧応接室の「SHUMOKU CAFE」にはテラス席も設けられている 旧応接室の「SHUMOKU CAFE」にはテラス席も設けられている

スポット詳細

住所
愛知県名古屋市東区橦木町2-18
電話番号
0529392850
時間
10:00-17:00
休業日
月(祝の場合は翌平日)
料金
[入館料]一般200円、中学生以下無料
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり(NAGOYA Free Wi-Fi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
0-30分
車椅子での入店
可(玄関に簡易スロープを取付対応)
乳幼児の入店
備考
※工事により下記期間休館いたします
令和3年12月13日(月)-令和4年1月31日(月)

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          名古屋市東部エリアのおすすめスポット

          愛知のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました