となみ散居村ミュージアム

資料/郷土/展示/文学館

散居村の美しい景観と伝統文化について学ぶ

実際の家屋から移築した「ワクノウチ造り」を展示。釘を1本も使わず、太い柱と梁などを組み上げる技術の高さに驚く 実際の家屋から移築した「ワクノウチ造り」を展示。釘を1本も使わず、太い柱と梁などを組み上げる技術の高さに驚く

砺波平野の散居村全体が博物館であるという着想で、散居景観、伝統的家屋、屋敷林、そして人々の生活や文化などを網羅して全国に発信する「となみ野田園空間博物館」の拠点となる施設。コンセプトの異なる4つの館で、散居村の歴史や伝統文化に触れられる。散居村の成り立ちや景観についてパネルなどで解説する「情報館」では、伝統的な家屋構造、ワクノウチ造り3棟分を展示ブースに活用している。「伝統館」では、1915年(大正4)に建築された家屋を移築した伝統的な家屋様式「アズマダチ」を、また「民具館」では、国指定の重要有形民俗文化財に指定された農具や生活道具などの民具を約1000点展示している。さらに「交流館」では、「アズマダチ」の家屋を移築・リフォームして、現代の暮らしに合わせる住空間を提案している。ミュージアム敷地内は散居村の農村と周辺風景を再現しており、各館を結ぶ約500mの遊歩道は散策にぴったり。

「情報館」、「民具館」、「伝統館」、「交流館」を結ぶように整備された遊歩道。水鳥が羽を休める池もある 「情報館」、「民具館」、「伝統館」、「交流館」を結ぶように整備された遊歩道。水鳥が羽を休める池もある

小学校だった建物を活用した「民具館」。玄関脇には懐かしい二宮金次郎の銅像が残る 小学校だった建物を活用した「民具館」。玄関脇には懐かしい二宮金次郎の銅像が残る

「伝統館」は、伝統的な家屋構造「アズマダチ」の特徴である大きな切妻屋根が目を引く 「伝統館」は、伝統的な家屋構造「アズマダチ」の特徴である大きな切妻屋根が目を引く

スポット詳細

住所
富山県砺波市太郎丸80
電話番号
0763347180
時間
9:00-18:00(部屋の利用終了21:00)
休業日
水、第3木(祝の場合は開館)、年末年始
料金
無料
[民具館]100円
駐車場
あり(60台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
あり
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          射水・砺波エリアのおすすめスポット

          富山のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました