NAVITIME Travel

足立区生物園

動物園

生き物とのふれあいを通じて愛情を育み、命の尊さを知ることができる足立区唯一の水族館兼動物園。竹ノ塚駅から徒歩20分の住宅街にある生物園だ。飼育している生き物は、昆虫や魚類、両生類や鳥類など約300種。「ふれあい、いのち、共生」をテーマに5つのセクションで構成されている。モルモットやウサギとの触れ合いやヒツジの餌やりなどを毎日行っており、長期休み中や週末などは多くの家族連れで賑わう。飼育員によるその時期おすすめの生き物を紹介した人気イベント「飼育員のオススメ」は毎月第一土曜に開催しており、当日受付が可能だ。

place

東京都足立区保木間2-17-1 (上野・浅草・両国エリア)

phone 0338845577

足立区生物園の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/07/05 コスパ最強!大人も楽しめる!!
企画展目当てに行きましたが、常設展も充分楽しめます!親子連れが多いですが、カップルにもおすすめ。
入ってすぐの金魚の水槽はとても美しいし、世界中の蝶が舞う温室もテンションが上がる。ただの雑種の猫が展示されているのも微笑ましい。
投稿日:2019/01/21 素晴らしい
ネットの口コミで評判が良かったので行ってみました。入場後大きな水槽には30匹ほどの大型の金魚。大型水槽は近隣老舗企業からの提供品との記載があります。

価格も安く従業員の接客態度も素晴らしい。HPを見てみると年に1回決算書をアップしておりこれもまた素晴らしい。限られた予算、人員の中で知恵を絞って運営していることが伝わってきます。

公園の中にある施設なので生物園を出た後も公園遊具で楽しめます...
投稿日:2019/01/14 子連れで賑わうミニ(動物園+水族館+昆虫館)
小さい子連れにオススメです。
入場料は大人で僅か300円ですが、
哺乳類(小動物〜一応カンガルー)、魚、両生類、爬虫類(巨大なニシキヘビ!)、昆虫(特に温室のチョウ)などひと通りの生き物が見れます。

ちょいちょい展示も変更されているようで、
今日伺うと小さいタカアシガニ、オオサンショウウオが居てびっくりしました。
子どもはニモとドリーがお気に入りです。
夏はホタルの展示があったり、イベントも豊富...

おすすめ記事

詳細情報

住所
東京都足立区保木間2-17-1 [ 地図 ]
エリア
上野・浅草・両国エリア
電話番号
0338845577
時間
9:30-17:00(入園は16:30まで)
[11-1月]9:30-16:30(入園は16:00まで)
休業日
月(祝の場合は翌日)、12/29-1/1
料金
[入館料]大人300円、小人(小中学生)150円、幼児無料
※70歳以上・障がい者( 介助1名)は証明書提示で無料
駐車場
あり 29台・有料)
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          東京 の主要エリア

          around-area-map

          観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。

          関連する記事

          関連する観光コース

          東京の写真集