NAVITIME Travel

もちがせ流しびなの館

博物館/科学館

京都の世界遺産・金閣寺をモチーフにした大型木造建築。雛人形文化が大きく発展した江戸時代の雛人形をはじめ、雛飾りや加茂人形、御所人形など約1000体を常設展示している。「もちがせの流しびな」は、旧暦三月三日に無病息災を祈って災厄を託した雛を流す、県無形民俗文化財に指定された用瀬町の行事だ。流しびな作り体験も行っており、作った紙びなは持ち帰ることが可能。お札に願い事を書いて、次の流しびな行事まで保管することもできる。

place

鳥取県鳥取市用瀬町別府32-1 (鳥取エリア)

phone 0858873222

流しびなの館の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2019/09/07 ズラッと並ぶ見事なお雛様
まず、重厚な木造建築の建物があまりにも立派なことに驚かされました。館内には江戸時代からのお雛様が展示されていて、それぞれが形や表情に違いがあり、見ごたえたっぷりでした。館内にある庭園を眺めながら食事ができる喫茶もおすすめです。
投稿日:2019/01/28 たくさんのお雛様
木造の建物も美しかったです。館内には昔のひな人形など、たくさんのお雛様が展示してあって、華やいだ雰囲気でした。
投稿日:2019/01/09 流し雛が一杯
春の雛祭りのときだけでなく常設でいつでも立派な雛人形が一杯見ることが出来ます。ただ市内から車で30分くらいかかりますので外国の方をお連れするには少し難しいのが難点です。

おすすめ記事

詳細情報

住所
鳥取県鳥取市用瀬町別府32-1 [ 地図 ]
エリア
鳥取エリア
電話番号
0858873222
時間
9:00-17:00
休業日
水(祝日の場合は開館)
料金
[入館料]300円
クレジットカード
不可
Wi-Fi
あり
喫煙
不可
ベジタリアンセレクション
なし
英語メニュー
なし

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          鳥取 の主要エリア

          around-area-map

          砂丘で有名な鳥取県は、大山などの緑豊かな山々に囲まれ、数々の農産物や海の幸に恵まれた地域です。 「鳥取砂丘コナン空港」と「米子鬼太郎空港」があり、羽田空港からは1日5~6便が運航、フライト時間も約1時間半とアクセス良好です。 鳥取県は、鳥取市を中心とした東部、倉吉市のある中部、米子市を中心とする西部と、大きく3地域に分けられます。 東部地域には、日本一大きな砂丘「鳥取砂丘」が鳥取市東部に位置し、パラグライダーやサンドボード、ラクダ遊覧を楽しむことができます。 また、中部地域の境港市にある「水木しげるロード」は、妖怪神社や「鬼太郎の家」など、子供から大人まで楽しめる観光スポットです。 他にも、倉吉市(中部)では白壁土蔵群や赤瓦など歴史的な街並み、鉄道の町・米子市(西部)では近代鉄道遺産などを観ることができます。 伝統食やご当地グルメも豊富で、小豆雑煮、鳥取牛骨ラーメン、鳥取バーガーなどは、鳥取を訪れたら一度は食べたいグルメです。

          関連する記事

          関連する観光コース

          鳥取の写真集