階段国道

通り

車もバイクも通れない全国唯一の国道

362段もある階段国道。上り切ると灯台下に出る 362段もある階段国道。上り切ると灯台下に出る

津軽半島を国道339号で北上すると、龍飛漁港へ行く直進道と、龍飛崎へ向かう坂道とに分岐する。直進し、龍飛漁港に向かうと、間もなく車道は行き止まりになる。ここから歩いて狭い民家の軒下を通り抜けると、目の前に階段が現れる。それが全国唯一の「階段国道339号」だ。国道に指定されたのは1974年(昭和49)のことで、実は、県の担当者が地図だけを見て決めたらしい。その階段をゆっくり上っていく。段数は362段。帯島が見え始め、やがて深い青々とした津軽海峡が目に入ってくる。上りきったところが龍飛埼灯台下になる。一時は国道からの格下げも検討されたというが、今ではその存在を堂々とアピールし、観光名所としても知られている。

民家の軒下を通り、階段国道の途中から正面に見える帯島 民家の軒下を通り、階段国道の途中から正面に見える帯島

階段国道てっぺんの景色。見晴らしは最高だ 階段国道てっぺんの景色。見晴らしは最高だ

階段登り口付近にある太宰治文学碑 階段登り口付近にある太宰治文学碑

スポット詳細

住所
青森県東津軽郡外ケ浜町三厩龍浜
電話番号
0174311228
時間
24時間
休業日
[冬期閉鎖期間]11-4月
料金
無料
駐車場
あり(70台)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          行程表クラウド ティザー

          津軽・五所川原エリアのおすすめスポット

          青森のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました