屋久島

世界自然遺産の島で雄大な自然の神秘に魅了される

推定樹齢2170-7200年といわれる縄文杉をはじめ、ここでしか出合えない絶景が多く存在する屋久島。アクティビティも充実しており、五感を使って自然を楽しめる。

山岳エリアでは本格的なトレッキングを楽しめる 山岳エリアでは本格的なトレッキングを楽しめる

雄大な自然が広がる屋久島へは飛行機または船で

大隅半島・佐多岬の南南西約60kmに位置する屋久島へのアクセスは、鹿児島本土からは飛行機で約40分、直行の高速船で1時間45分程度。里地の降水量は年間4500ミリメートルで、日本の年平均の1718ミリメートルのおよそ2.6倍、「ひと月で35日雨が降る」といわれるほど雨の多い島としても知られる。504.29平方キロメートルの島には標高1936mの宮之浦岳をはじめとする山々があり、本格的なトレッキングを楽しみたい登山客にも人気がある。特に1993年(平成5)に日本初となる世界自然遺産に登録されると、美しい自然に魅せられて多くの観光客が訪れるようになった。特別天然記念物の屋久島スギ原始林のほか、ラムサール条約湿地に選定された永田浜、天然記念物のヤクシマカワゴロモ生育地など、島内には貴重な自然が多く存在している。さまざまな魅力をもつ植物に出合える屋久島だが、開かれた観光地とは一線を画しており、利便性が高いとは決していえない。良い思い出を作るためにも、島の自然環境に敬意を払い、訪れる際は目的に応じた服装で、計画的な交通手段の手配を忘れないようにしたい。

鹿児島のほか、大阪・福岡からも直行便が運航 鹿児島のほか、大阪・福岡からも直行便が運航

森を体感するならトレッキングに挑戦しよう

多くの手つかずの自然、またはなるべく本来の姿のままで保全された自然が広がる屋久島。山岳トレッキング初心者なら、30分コースから選べるヤクスギランドがぴったり。個性的な屋久杉たちが出迎えてくれる。力強い生命力を感じさせる縄文杉や、植物学者アーネスト・ウィルソン博士が世界に発表したことでその名がついたウィルソン株を見たいなら日帰り登山を。巨大なウィルソン株は、内側から空を見上げるとハート型に見えるスポットがある。ジブリアニメ『もののけ姫』を思い起こさせる白谷雲水峡では、ハッと息をのむ幻想的な光景が待っている。多くの山、川、滝、またダイビングスポットも点在する屋久島に行くなら、体力と装備に万全を期すことは必須だ。豊富な知識と経験を合わせもつ「屋久島公認ガイド」に案内を頼んだり、魅力的なアクティビティを提供しているエコツアーに参加したりするのもいいだろう。

雄大な流れの大川(おおこ)の滝 雄大な流れの大川(おおこ)の滝

標高1497mの太忠岳の山頂では天柱石が迎えてくれる 標高1497mの太忠岳の山頂では天柱石が迎えてくれる

島全体がパワースポットの屋久島を満喫

アクティビティ以外にも、島をぐるっとまわるだけでもさまざまな出合いがある。高速船やフェリーの発着する宮之浦港がある宮之浦エリア、ヤクスギランドへの登山口がある安房エリアは観光の拠点として、滞在および飲食、お土産探しに便利。温かみのあるもてなしを受けられる民宿では、各地から屋久島に集まった旅人たちとの語らいも楽しめる。島の北部には夕日を望む白砂の海岸もあり、リゾート気分を味わいたいときに最適。永田いなか浜には、夏になると産卵のためにウミガメが上陸する。屋久杉のようにダイナミックな絶景は屋久島の大きな魅力だが、ヤクシマゴケをはじめとする多種多様な生態系も見逃せない。世界に誇る屋久島の自然の神秘を体験しよう。

運が良ければヤクシカに遭遇することも 運が良ければヤクシカに遭遇することも

島の最北端・矢筈岬の矢筈嶽(やはずだけ)神社 島の最北端・矢筈岬の矢筈嶽(やはずだけ)神社

スポット詳細

住所
鹿児島県熊毛郡屋久島町
電話番号
0997494010
休業日
無休
料金
無料
クレジットカード
不可

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          種子島・屋久島エリアのおすすめスポット

          鹿児島のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました