十和田湖

湖沼

奥入瀬渓流の源流にあたる神秘の湖

秋田県と青森県の県境にあるカルデラ湖「十和田湖」は、奥入瀬渓流の源流となる水量豊富な湖。冬でも凍らないことから神秘の湖と呼ばれ、自然を満喫できるアクティビティやイベントを楽しめるスポットだ。

十和田湖を車で一周すると約1時間。途中4か所ほど展望台がある 十和田湖を車で一周すると約1時間。途中4か所ほど展望台がある

観光拠点は休屋と子ノ口の2か所

十和田湖は十和田火山の噴火によってできたカルデラ湖で、水深327mと日本で3番目に深く、透明度が高いことでも知られている。周囲はおよそ46km、四季折々の彩りを見せる美しい自然にあふれた湖だ。「休屋(やすみや)」と「子ノ口(ねのくち)」と呼ばれる2つのエリアに観光の拠点が集まっており、十和田湖のシンボルともいえる「乙女の像」は休屋にある。奥入瀬渓流へは、子ノ口からアクセスするのが基本。どちらも湖畔には食事処や休憩所、遊覧船乗り場などが整備されている。十和田湖は冬でも凍らない湖のため、その特性を生かし、大輪の冬花火が湖面にまばゆく映る「カミのすむ山 十和田湖 FeStA LuCe(旧十和田湖冬物語)」など冬のイベントも開催され、多くの人々を魅了している。

休屋の湖畔の様子。湖畔の対面には飲食施設などがある 休屋の湖畔の様子。湖畔の対面には飲食施設などがある

子ノ口側の遊覧船発着所。ここから休屋の発着所を目指す 子ノ口側の遊覧船発着所。ここから休屋の発着所を目指す

アクティビティも盛りだくさん

十和田湖の楽しみ方は、湖上からと湖畔からの2通りあり、どちらもアクティビティがそろっている。湖上派には「十和田湖遊覧船」と「カヌーツアー」がオススメ。遊覧船は休屋発着コース(周遊)と、休屋-子ノ口コース(片道)を選べる。またカヌーツアーは、2人乗りカヌーで2時間の体験。ガイド付きの初心者コースもあるので、初めての人でも安心だ。透明度の高い十和田湖ならではの、宙に浮遊するような感覚も味わえる。湖畔派にはガイドと一緒に早朝の湖畔散策がおすすめ。ネイチャーガイドの解説を聞きながらだと、散策もぐっと楽しいものになる。2021年(令和3)には湖畔の十和田市営宇樽部キャンプ場内に、「十和田サウナ」がオープン。サウナの合間に入る水風呂は、なんと十和田湖。自然を肌で感じるダイナミックな体験も試してみては。

穏やかな湖面にカヌーで漕ぎ出すと、まるで宙に浮いているような感覚に 穏やかな湖面にカヌーで漕ぎ出すと、まるで宙に浮いているような感覚に

ガイド付きの早朝湖畔散策では恵比寿大黒島など、周辺に関する詳しい解説が聞ける ガイド付きの早朝湖畔散策では恵比寿大黒島など、周辺に関する詳しい解説が聞ける

開運スポットとしても人気

十和田湖周辺はパワースポット目当ての観光客も多い。理由は、巨大な火山のエネルギーによって誕生した十和田湖自体が、パワースポットとして知られていること。また、東北屈指のパワースポットとされる十和田神社の「占場」もそのひとつだろう。占場は、神社から山中に入り、そこから鉄のはしごをつたって湖畔に降りた場所にある。そこで「おより」と呼ばれる十和田神社で祈念された紙を投げ入れ、水中に沈むと願いが叶うとされているのだ。しかし現在は占場までの道は通行禁止。そのため、占場を遊覧船から見る便がでており、船から湖におよりを投げて祈願することもできる。また、乙女の像の前にある広場で、浜から湖水に投げ入れても同じ効果があるという。

絶大な力を秘めているといわれる十和田神社は、東北屈指のパワースポット 絶大な力を秘めているといわれる十和田神社は、東北屈指のパワースポット

乙女の像の前に広がる浜では、およりを流す人の姿も見られる 乙女の像の前に広がる浜では、およりを流す人の姿も見られる

スポット詳細

住所
青森県十和田市大字奥瀬十和田湖畔休屋
電話番号
0176751531
休業日
無休
料金
無料
駐車場
あり(約630台)
クレジットカード
不可
備考
※電話番号は十和田湖観光交流センターぷらっとへ繋がります。

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          十和田・八甲田エリアのおすすめスポット

          青森のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました