不忍池辯天堂

寺院

不忍池に浮かぶ辯天堂は「谷中七福神」のひとつ

上野恩賜公園の不忍池に浮かぶ辯天島に建つお堂 上野恩賜公園の不忍池に浮かぶ辯天島に建つお堂

江戸時代初期の寛永年間(1536-1643年)に、「寛永寺」の開山である天海大僧正により創建。不忍池を琵琶湖に、もともと聖天(しょうてん)が祀られていた小さな島を竹生島に見立て、さらに島を大きく造成して、「宝厳寺(ほうごんじ)」に見立てたお堂を建立した。当初、船を使って島に渡り参拝していたが、参拝者が増えたことから、のちに橋が架けられた。御本尊の辯才天(べんざいてん)は、音楽と芸能の守り神。「弁財天」とも書くことから、金運上昇のご利益もあるといわれる。一般的には琵琶をもつ姿が知られているが、ここに祀られている「八臂辯才天(はっぴべんざいてん)」には8本の腕があり、それぞれの手に煩悩を破壊する道具を意味する武器を持っている。江戸最古の七福神とされる「谷中七福神」のひとつ。現在のお堂は戦災で焼失後、1958年(昭和33)に復興されたもの。明治から近代にかけて活躍した日本画家・児玉希望によると伝わる龍の天井画もぜひ見てみたい。

この橋が架けられるまで、船で渡って参拝していた この橋が架けられるまで、船で渡って参拝していた

八角形のお堂には、どこからでも参拝できるようにとの意味が込められているといわれる 八角形のお堂には、どこからでも参拝できるようにとの意味が込められているといわれる

辯才天の御朱印(500円)。縁日の「巳の日」限定の御朱印もある 辯才天の御朱印(500円)。縁日の「巳の日」限定の御朱印もある

スポット詳細

住所
東京都台東区上野公園2-1
電話番号
0338214638
時間
[開門時間]7:00-17:00
休業日
年中無休
料金
境内自由
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
0-30分
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

ゲーム・サクラ大戦の第1話「帝都・花の華撃団」に登場する。

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          上野・谷根千エリアのおすすめスポット

          東京のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました