関連する記事

関連する観光コース

- 東京 PHOTO ALBUM -

banner_photo

客席と高座の近さが魅力

豊島区西池袋、池袋駅近くにある演芸場。都内に4ヶ所ある落語定席のひとつ。昭和26年(1951)に創業し、現在の建物は平成5年(1993)に改築されたもの。1月1日~12月28日まで毎日休まず昼から夜、落語をはじめ、講談や漫才、曲芸などの様々な演芸が行われている。

place

東京都豊島区西池袋1-23-1 (池袋・巣鴨エリア)

phone 0339714545

池袋演芸場の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/02/12 温かな居心地の良い席
正月二ノ席は顔付けが豪華なので平日の昼席でも立ち見が出る程の盛況、昼の部がはねる少し前に着いて夜の部をじっくりと伺った。
こちらは客電が明るくて高座の芸人さんが客の表情を読み取りやすいからか他の席より演者と客が一体になれ常に空気が和やか。
又客席入口の係りの方も昔から自然体の柔らかな対応で…もうこの段階で心が解放される。
東京は大きい寄席は五席、永谷系や他の小振りな席も入れると相当数ありそれぞれに...
投稿日:2019/06/03 演芸場の良し悪しではなく、かかっている演芸で選んでいる
小さな演芸場で、贔屓にしている噺家さんがここへの出演が多いので
通っている。椅子の前後、幅も狭く、身体の大きな人は、苦しいのではないか。
席の前にテーブルが出るのは良いが、出すと窮屈。またアルコール類が禁止されており、
演芸を見ながら飲めないのが残念。
投稿日:2019/01/02 座席数90席余りの小さな寄席
池袋駅西口の西一番街の入り口付近にある座席数90席余りの小さな寄席です。昭和26年(1951年)の開場で、現在の建物は平成5年(1993年)に建てられたものです。現在都内に4軒しかない落語定席の一つで、落語のほか、漫才や手品などが行われています。立ち寄った時には入場待ちの長い列が出来ていました。

おすすめ記事

詳細情報

住所
東京都豊島区西池袋1-23-1 [地図]
エリア
池袋・巣鴨エリア
電話番号
0339714545
時間
12:30-20:30
休業日
無休
料金
[入場料]大人2,500-3,000円、学生2,000円、小人1,500円
※公演により変更あり
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
車椅子での入店

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          東京 の主要エリア

          around-area-map

          観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。