関連する記事

関連する観光コース

- 東京 PHOTO ALBUM -

banner_photo

東京復活大聖堂 (ニコライ堂)

千代田区神田駿河台、新御茶ノ水駅近くにある教会。「ニコライ堂」の呼称は日本で正教伝道を行った聖ニコライに由来する。聖堂は明治24年(1891)に竣工、関東大震災で被災した後に復興され、昭和37年(1962)には国の重要文化財の指定を受けている。礼拝以外に見学も受け付けている(中学生以上は拝観献金が必要)。

place

東京都千代田区神田駿河台4-1-3 (神田・秋葉原エリア)

phone 0332956879

東京復活大聖堂 (ニコライ堂)の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/03/13 堂内が素敵でした
ニコライ堂で通っていますが、正式には東京復活大聖堂と言います。設計はロシア工科大学のシチュールポフ教授。明治17年3月に起工し、24年2月に完成。日本最大のビザンチン式建造物という事もあり、少しキリスト教の教会とは違った雰囲気です。見学できるのは手前の部屋のみで、奥のステンドグラスや祭壇、装飾などは遠くから見るのみですが、聖堂内のステンドグラスやイコンが思っていた以上に素敵で、目を見張るものがあり...
投稿日:2020/02/10 ニコライ聖堂
御茶ノ水・新御茶ノ水駅からすぐです。拝観時間が限定されており、ウェブサイトで確認が必要です(拝観料300円)。マルセイユで観たロシア正教会の聖堂より規模は小さいものの、日本にもこのような教会があるとは驚きでした。
ただ残念だったのは、教会ボランティアの中年女性が4人連れのグループにあれこれ説明している声がかなり大きく、欧州の教会でのように静かに瞑想にふけることが出来なかったことです。拝観者に何か説...
投稿日:2020/02/02 あまり期待しない方がいいです
日本史の教科書にも出てくるニコライ堂。大きなドールがシンボルの正教会で、300円の入場料を払って、お祈りの蝋燭を受け取ります。ただし祭壇のかなり手前までしか行けず、写真撮影も禁止。確かに日本ではなかなか見られない光景ですが、見どころがなく、これまで見てきた海外の教会と比べると正直期待外れでした。

おすすめ記事

詳細情報

住所
東京都千代田区神田駿河台4-1-3 [地図]
エリア
神田・秋葉原エリア
電話番号
0332956879
時間
[夏期]13:00-16:00
[冬期]13:00-15:30
休業日
月、年末年始
料金
[拝観献金]高校生以上300円、中学生100円、小学生以下無料
駐車場
なし
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
0-30分
車椅子での入店
乳幼児の入店
雨の日でも楽しめる
はい

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          東京 の主要エリア

          around-area-map

          観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。