関連する記事

関連する観光コース

- 東京 PHOTO ALBUM -

banner_photo

東京都新宿区と渋谷区にまたがる広さ58.3ヘクタール、周囲3.5kmの庭園である。明治39年(1906)、信州高遠藩主・内藤家の屋敷があった敷地に皇室の庭園として誕生し、戦後、一般開放された。近代西洋庭園の名園であり、整形式庭園・風景式庭園と日本庭園を組み合わせた園内は、約1万本の木々が四季折々の美しい景観を生み出している。日本さくら名所100選にも選ばれており、2月中旬から4月下旬には約65種1000本の桜が見ごろを迎える。

place

東京都新宿区内藤町11 (新宿・代々木エリア)

phone 0333500151

旧御涼亭の口コミ

TripAdvisor口コミ評価
投稿日:2020/02/16 台湾
新宿御苑にある建物です。昭和天皇のご成婚を記念して台湾から寄贈された建物です。台湾の様式で建てられているので新宿御苑のなかでも目立っています。
投稿日:2019/12/01 水の上に立つ御休息所
当時の皇太子ご成婚記念に台湾在留邦人によって建てられたものです。
池のほとりにあり、水の上に立つ御休息所です。
昭和2年に建てられ、歴史があります。
投稿日:2019/06/27 日本庭園の水辺に建てられています
新宿御苑・日本庭園にある中国南方地方の様式の建物、昭和2年に昭和天皇の御成婚を記念し、台湾在住邦人により建てられたそうです。水辺の木陰にあり一休みするのに丁度よいようで、多くの方が立ち寄っていて混雑していました。

おすすめ記事

詳細情報

住所
東京都新宿区内藤町11 [地図]
エリア
新宿・代々木エリア
電話番号
0333500151
時間
[10/1-3/14]9:00-16:00(16:30閉園)
[3/15-9/30]9:00-17:30(18:00閉園)
※7/1-8/20を除く
[7/1-8/20]9:00-18:30(19:00閉園)
休業日
月(休日の場合は翌平日)、年末年始(12/29-1/3)
※3/25-4/24と11/1-11/15は月も休まず開園致します。
料金
【入園料】
[一般]500円(30人以上団体割引400円 ※事前申込不要)
[65歳以上]250円(窓口で年齢確認できる証明書の提示が必要)
[学生(高校生以上)]250円(窓口で学生証の提示が必要)
[小人(中学生以下)]無料
駐車場
あり(普通車200台、大型車5台)
※2時間まで600円、以降30分毎200円
※利用時間6:30-21:00(出庫は24時間可能)
※大型車は1時間まで2,200円、以降30分毎550円
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、Diners Club、DISCOVER、AMEX、その他)
※ゆりのき、売店、駐車場のみ使用可
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO等)
※ゆりのき、売店、はなのき、楽羽亭、駐車場でのみ使用可
Wi-Fi
あり(TownWi-Fi)
※インフォメーションセンターエリア
コンセント口
なし
喫煙
不可
ベジタリアンセレクション
あり
ハラル対応
あり
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】500-3,000円
滞在目安時間
60-90分
車椅子での入店
乳幼児の入店
備考
※現在、新宿御苑は緊急事態宣言のため臨時閉園中です(開園日程は調整中)。
詳細は新宿御苑HPにてご確認ください。
http://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/topics/post_284.html

※電話番号はサービスセンターにつながります。
※園内酒類持込禁止。遊具類使用禁止(こども広場除く)。
※詳細は公式サイトにてご確認ください
https://www.env.go.jp/garden/shinjukugyoen/2_guide/guide.html

情報提供: ナビタイムジャパン

アクセス

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。
          主要駅 / 空港から見る

          周辺の観光名所

          周辺のレストラン

          周辺のホテル

          東京 の主要エリア

          around-area-map

          観光スポットの多い東京。大阪や名古屋、北陸、東北地方からなら新幹線の利用が便利です。遠方からなら、羽田空港を利用した空路によるアクセスが一般的。 東京観光は細かいスポットが多くありますが、主に「都市部・多摩地域・島」の3つに分けて考えるとよいでしょうか。都市部は、若者の町「渋谷・原宿」や電気街「秋葉原」、ショッピングを楽しめる「銀座」など、さまざまなスポットがあります。 青梅・奥多摩地方に行くと、清流が流れる「秋川渓谷」や「高尾山」などでアクティビティが楽しめます。また、フェリーに乗って東京都の所有する「伊豆七島・小笠原諸島」の島々に向かえば、雄大な海と島の自然も堪能することも。 観光スポットの数同様、東京ではさまざまなグルメも堪能できます。原宿や表参道で流行のトレンドグルメから、伝統の月島もんじゃ焼きや築地の海鮮丼など、エリア特有のグルメを楽しむのがおすすめです。