井の頭恩賜公園

公園/緑地

江戸時代から名水で知られた池と、武蔵野の自然を訪ねる

武蔵野三大湧水池として知られる井の頭池を中心にして、武蔵野市と三鷹市にかけて広がる都立公園。春には水面を覆うようにソメイヨシノが咲き誇り、「日本さくら名所100選」に選ばれている。

公園の中央に広がる井の頭池には、名物のスワンボートが浮かぶ 公園の中央に広がる井の頭池には、名物のスワンボートが浮かぶ

古くから景勝地として知られる緑豊かな公園

1917年(大正6)に日本で最初の郊外公園として開園した井の頭恩賜公園は、約43万平方メートルの広大な敷地を有し、その中央に井の頭池が東西に細長く延びている。池の周りには約200本の桜が植えられ、都内でも有数のお花見スポットとして知られる。池に映る満開のソメイヨシノや、散った花びらが水面を埋め尽くす様子が美しい。また、武蔵野の自然が残る園内を歩けば、初夏は新緑、夏は木漏れ日、秋は紅葉、冬は葉を落とした雑木林と、四季折々に装いを変える風景を楽しめるだろう。

吉祥寺駅から賑やかな通りを抜けると七井橋通り口に至る 吉祥寺駅から賑やかな通りを抜けると七井橋通り口に至る

井の頭恩賜公園へのアクセス方法はいくつかあるが、JR中央線・京王井の頭線の吉祥寺駅を利用するのが便利だ。南口を出て、カフェや雑貨店が立ち並ぶ七井橋通りを歩くこと約5分。公園へと通じる階段を下りると、池の中央に架かる「七井橋」が見える。かつて井の頭池は7つの湧水点があったことから七井池と呼ばれ、橋の名前はそれに由来する。

「中の島」に架けられた七井橋を渡ったところにボート乗り場がある 「中の島」に架けられた七井橋を渡ったところにボート乗り場がある

江戸の水源だった井の頭池に沿って散策する

石神井公園(練馬区)の三宝寺池、善福寺公園(杉並区)の善福寺池と並び、豊富な水量と水質の良さで知られた井の頭池は、江戸時代に「神田上水」の水源となり、江戸の街や江戸城の水道に使われてきた。近代水道が整備された1898年(明治31)には水源としての役割を終え、また1950年代後半から武蔵野台地の都市化によって湧水量が激減し、現在は地下水をポンプで汲み上げている。

神田川の起点にある水門橋。江戸時代にはここから流れ出る水が人々の生活を支えた 神田川の起点にある水門橋。江戸時代にはここから流れ出る水が人々の生活を支えた

七井橋から池に沿って東へ歩いて行くと、東端に「ひょうたん橋」がある。その先の水門が、都内を横断して隅田川に合流する神田川(かんだがわ)の起点。江戸時代には「神田上水」と呼ばれていた。ここで引き返してもよいが、時間があれば神田川の清流に沿って歩いてみよう。京王線井の頭公園駅を過ぎると、「三角広場」と呼ばれる小さな公園が広がっている。川で水遊びをしたり、芝生の上でボール遊びをしたりと、子ども連れにはぴったりの場所だ。

三角広場の脇では神田川で遊ぶ子どもたちの姿が見られる 三角広場の脇では神田川で遊ぶ子どもたちの姿が見られる

歴史と自然に触れられるスポットも満載

七井橋より西側には、「井の頭自然文化園」の分園である「水生物園」、池に浮かぶ「井の頭弁財天」などがある。特に必見なのが「お茶の水」と呼ばれる湧水。徳川家康がこの池の湧水を関東随一の名水とほめてお茶を入れたという伝説から名づけられたともいわれ、うっそうとした木立のなかに水の湧き出る様子が神秘的だ。また弁財天の西側にある「御殿山(ごてんやま)」は、3代将軍家光が鷹狩りの際に宿所を設け休憩したことからその名がついたとされ、コナラやクヌギなどの雑木林が広がっている。

最近ではパワースポットとして人気が高まっている「お茶の水」 最近ではパワースポットとして人気が高まっている「お茶の水」

池の西側には源頼朝が創建したと伝わる「井の頭弁財天」がある 池の西側には源頼朝が創建したと伝わる「井の頭弁財天」がある

公園内を流れる玉川上水の南側は、競技場やテニスコートなどのスポーツ施設として使われており、「三鷹の森ジブリ美術館」もある。また、吉祥寺通りを挟んで公園の西側には「井の頭自然文化園(動物園)」があるので、こちらにも立ち寄ってみたい。

スポット詳細

住所
東京都武蔵野市御殿山1-18-31
電話番号
0422476900
休業日
無休
料金
[入園料]無料
駐車場
あり(160台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり
コンセント口
なし
喫煙
平均予算
【昼】1-1,000円
滞在目安時間
30-60分

情報提供: ナビタイムジャパン

アニメスポット情報

おそ松さん第2・9話に登場。

※ナビタイム調べ

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 花見のシーズンに一部屋貸し切りで
    4.0 投稿日:2019.03.30
    友人が泳遊亭のご主人と友達になって、井の頭公園が花見でごった返す時期に一部屋を2時間貸し切りにしてくれました。満開の桜を見ながら、イタ飯とワインを楽しめました。
  • かなりの井の頭公園通!
    2.0 投稿日:2017.11.08
    泳遊亭(エイユウテイ)をご存知の方は、かなりの井の頭公園通と思います。公園内 飲食できる店はいくつかあれど… ここを見つけたのは 私は偶然! そして すぐに気に入りました。風情としては 茶店かな-お蕎麦を食べる人、茶菓に興じる人… それぞれ 自由な時間の過ごし方ができる、そんな良き店でしたが、既に営業を終えています。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          多摩東部エリアのおすすめスポット

          東京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました