mima(ミマ) 北海道立三岸好太郎美術館

美術館

夭折のモダニスト・三岸好太郎の精神に触れよう

地下鉄東西線・西18丁目駅より徒歩7分の距離にある、北海道立近代美術館の分館。「mima(ミマ)」の愛称で親しまれる美術館では、「夭折のモダニスト」と呼ばれ、日本近代洋画史を彗星のごとく駆け抜けた札幌出身の画家・三岸好太郎氏の作品を中心に収蔵・公開している。知事公館の庭園内にある建物は、木立の中に佇むアトリエのような佇まい。館内では氏の代表的な作品を展示するほか、特別展や講演会、音楽会なども開催している。

スポット詳細

住所
北海道札幌市中央区北2条西15
電話番号
0116448901
時間
9:30-17:00
休業日
月(祝の場合は翌火)、年末年始、他
料金
[入館料]一般510円、高大学生250円
駐車場
あり(2台)
※内1台は身障者用
クレジットカード
可(VISA、MasterCard)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、PayPay、LINE Pay、メルPAY、d払い、auPAY、ALIPAY)
Wi-Fi
あり(NTTEAST)
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 三岸好太郎の良さが理解出来なかった
    2.0 投稿日:2020.09.04
    美術は個人個人それぞれ好みがあると思いますが、私は三岸好太郎の絵の良さが全くわかりませんでした。入場料は近くの近代美術館と同じですが、展示作品数も少なく、がっかりな美術館でした。
  • 落ち着いt美術館
    3.0 投稿日:2020.01.08
    若くして逝った天才画家三岸好太郎の美術館が、知事公館内の一角に静かにたたずみ、絶好の観賞場所となっている
  • 穴場の美術館
    4.0 投稿日:2019.10.27
    三岸節子の夫の作品を主に展示しています。一般の知名度は節子に及びませんが、日本のシュルレアリスム絵画を語る上で欠かせない存在です。その彼の作品をまとめて、さまざま変化する作風を辿って鑑賞できます。これは必見です。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          札幌中心部(札幌駅周辺~大通り)エリアのおすすめスポット

          北海道のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました