首都圏外郭放水路

その他の名所

埼玉県の巨大な「地下神殿」首都圏外郭放水路

河川に囲まれた中川・綾瀬川地域の浸水被害を防ぐため、水を地下放水路に貯めて排水する世界最大級の地下放水路。地底50mに総延長約6.3㎞のトンネルが通っており、「地下神殿」と呼ばれる調圧水槽など一部を見学できる。

「調圧水槽」の暗がりに浮かぶ柱はまるで神殿のよう 「調圧水槽」の暗がりに浮かぶ柱はまるで神殿のよう

首都圏を浸水被害から守る世界最大級の地下放水路

首都圏外郭放水路は大雨のときなどに中川や倉松川などの洪水を取り込み、ポンプで江戸川に排水することで埼玉県東部の中川・綾瀬川地域の浸水被害を防ぐための地下放水施設だ。施設の一部を見学するための場所が、春日部市の江戸川沿いにある「庄和排水機場」併設の「龍Q館」。最寄り駅は東武アーバンパークラインの南桜井駅で、1日数本のコミュニティバス、または車にて約10分程度で到着する。タクシーは台数が少なく駅で捕まえにくいため予約しておこう。

「龍Q館」は首都圏外郭放水路について無料で学べるミュージアムだ 「龍Q館」は首都圏外郭放水路について無料で学べるミュージアムだ

見学会で地下放水路の仕組みを学ぼう

首都圏外郭放水路では連日有料の見学会を実施しており、毎年5万人超が参加している。見学会のコースは「地下神殿コース」「ポンプ堪能コース」「立坑体験コース」「インペラ探検コース」の4種類(2021年9月現在コロナ禍につき「ポンプ堪能コース」は中止)で、小学生以上が対象。10月の台風シーズンなどで施設が稼働しているときは見学できない場合もあるので注意しよう。見学の際は、龍Q館内で地下放水路の仕組みをパネルや模型で学ぶことができる。2階にある各施設をモニタリングする「操作室」も見どころのひとつだ。

放水路の模型は、水が立坑を経由して調圧水槽を通過し、江戸川へと流れていくまでをわかりやすく説明してくれる 放水路の模型は、水が立坑を経由して調圧水槽を通過し、江戸川へと流れていくまでをわかりやすく説明してくれる

ドラマ『下町ロケット』や映画『翔んで埼玉』などのロケ地になった操作室 ドラマ『下町ロケット』や映画『翔んで埼玉』などのロケ地になった操作室

パルテノン神殿を思わせる「調圧水槽」

首都圏外郭放水路で人気なのがパルテノン神殿のような「調圧水槽」で、どのコースに参加しても見学できる。調圧水槽は地下のトンネルから送られてくる河川の水を通過させることでその勢いを弱め、江戸川にスムーズに排水するための巨大な水槽で、地下約22mの深さにある。116段ある階段を降りると、目の前に長さ177m、幅78m、高さ18mのスペースが広がる。重さ500tにもなるコンクリートの柱は計59本。湿気を含んだ少し寒い空気のなかでの見学は、どこか神聖な雰囲気だ。

濡れた床に鏡のように映る柱の姿はとても美しい 濡れた床に鏡のように映る柱の姿はとても美しい

大迫力の「第1立坑」やインペラもおすすめ

高いところが大丈夫なら「立坑体験コース」で「第1立坑」を見学しよう。深さ約70m、内径約30mの巨大な円筒で、自由の女神がすっぽり入ってしまう。危険なのでヘルメットと安全帯を着け、螺旋階段を下りて作業用通路から見学する。とにかく高く深いので圧倒される。作業用通路の足元に開いている小さな穴にスマートフォンのレンズをあてれば、迫力のある写真を撮影できる。このほか、調圧水槽最深部にある排水ポンプのインペラ(羽根車)を見学する「インペラ探検コース」もおすすめ。膝上まで水に浸かるためツアーは身長130㎝以上が参加条件で、参加者には特殊な装備を貸し出してくれる。

吸い込まれんばかりの深さに、思わず腰が引ける 吸い込まれんばかりの深さに、思わず腰が引ける

直径約4mもある巨大なポンプの羽根車は、なかなか見ることができない 直径約4mもある巨大なポンプの羽根車は、なかなか見ることができない

スポット詳細

住所
埼玉県春日部市上金崎720 庄和排水機場内
エリア
東部エリア
電話番号
0487470281
時間
[龍Q館]9:30-16:30(最終入館16:00)
休業日
[龍Q館]月、年末年始
[見学会]不定休
※見学会の開催は電話もしくはHPで確認
料金
[龍Q館]無料
[見学]有料、事前予約
※詳細は電話もしくはHPで確認
駐車場
あり(50台)
クレジットカード
可(HPよりネット申込みの場合)
Wi-Fi
あり(RyuQkan-Free-WiFi)
コンセント口
なし
喫煙
不可
備考
※電話番号は見学会受付です。
HP:https://www.ktr.mlit.go.jp/edogawa/gaikaku/

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          東部エリアのおすすめスポット

          埼玉のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました