十二湖

湖沼

白神山地で気軽なトレッキングを楽しもう

広大な世界遺産の白神山地は、立ち入りが困難な地域と観光道路などが整備されている地域に分かれている。「十二湖散策コース」は見どころが豊富で、初心者でも気軽に散策を楽しめる、おすすめ度No.1の散策路だ。

十二湖でいちばん人気の「青池」は青いインクを流したようなコバルトブルーに輝く神秘の池 十二湖でいちばん人気の「青池」は青いインクを流したようなコバルトブルーに輝く神秘の池

33もの湖沼がいたるところに点在

「十二湖」は、十二と名づけられているが、実は大小合わせて33もの湖沼群の総称。その周辺に散策路が整備されている。十二湖を見てまわるにはいろいろなコースが設定されており、1時間程度からのトレッキングができる。体力や時間などを考慮して最適なコースを選択するのがいいが、初心者でも気軽にチャレンジでき、最も有名な「青池」周辺を巡る散策コースが、「森の物産館キョロロ」を起点とする「十二湖散策コース」だ。散策を始める前に、まずは「越口の池(こしくちのいけ)」のほとりにある、「十二湖ビジターセンター」で、周辺の自然やコースの情報を入手しよう。

十二湖ビジターセンターでは、十二湖の自然や動植物の資料を展示 十二湖ビジターセンターでは、十二湖の自然や動植物の資料を展示

青池に向かう途中の散策ルート。美しい緑が目にまぶしい 青池に向かう途中の散策ルート。美しい緑が目にまぶしい

旅行者向けの散策コースなら気軽にチャレンジ可能

森の物産館キョロロ前の有料駐車場に車を停めたら、散策スタート。広葉樹の原生林に囲まれた鶏頭場(けとば)の池、いちばん人気の青池、ブナ自然林、沸壺(わきつぼ)の池などを巡る、一周1.5kmのコースだ。趣の異なる3つの湖と、白神山地の代名詞ともいえるブナの自然林を1時間半程度で歩け、軽装やスニーカーでもチャレンジできる。ただし、夏場の白神山地はブヨやアブが多いので、虫よけ対策はしっかりと。いちばんの見どころ「青池」は、水温や天候によってコバルトブルーやエメラルドグリーンに輝く池。神秘的な美しさで知られているが、なぜこのような色をしているのかは、未だ解明されていないという。

鶏頭場の池の湖面には、山々が映り込んで美しい 鶏頭場の池の湖面には、山々が映り込んで美しい

沸壺の池は透明度が高く、こちらもエメラルドグリーンに輝く 沸壺の池は透明度が高く、こちらもエメラルドグリーンに輝く

趣のあるひと休みスポットも

散策コースの最後にある沸壺の池を見学したら、すぐに戻らずに少し寄り道してみよう。車道に出て右折すると駐車場に戻れるが、左折して50mほど歩くと「十二湖庵」という休み処がある。向かいにある落口(おちくち)の池を望みながら、お茶をいただける癒やしスポットだ。視界をさえぎるものが何もないので、腰を据えて目の前に広がる景色を眺めることができる。また、散策後に「アオーネ白神十二湖」に立ち寄るのもおすすめ。国道に向かう途中にあり、食事や日帰り入浴ができる。広大な芝生が広がる遊具広場があり、季節の花を咲かせる花壇の見学も自由。白神山地や深浦のお土産も、物産館で購入できる。

無料の休憩所「十二湖庵」。お菓子付きの抹茶をいただける(要寸志) 無料の休憩所「十二湖庵」。お菓子付きの抹茶をいただける(要寸志)

アオーネ白神十二湖の日帰り湯で足腰の疲れを癒やそう アオーネ白神十二湖の日帰り湯で足腰の疲れを癒やそう

スポット詳細

住所
青森県西津軽郡深浦町大字松神国有林
電話番号
0173743320
休業日
[12-3月]冬期閉鎖
※ガイド付きであれば散策可
料金
無料
駐車場
あり(100台)
クレジットカード
不可
滞在目安時間
約1時間散策コースあり
備考
※電話番号は深浦町観光協会につながります

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          - NEARBY HOTELS -

          周辺のホテル

          白神山地エリアのおすすめスポット

          青森のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました