中華料理 四海樓

中華料理/飲茶

福建料理がルーツの長崎グルメ、ちゃんぽん発祥の店

人気メニューのちゃんぽん。中国福建省出身の四海楼創業者が、故郷の料理を日本風にアレンジしたものだ 人気メニューのちゃんぽん。中国福建省出身の四海楼創業者が、故郷の料理を日本風にアレンジしたものだ

鶏ガラと豚骨がベースのスープをほどよく吸ったモッチリとした食感の太麺、肉や野菜、魚介類もたっぷり入った、栄養満点の長崎ちゃんぽん。現在では長崎の郷土料理として全国に知られているが、もとは四海楼が1899年(明治32)に創業された後、生活に困窮する中国の留学生を救うために考案された料理だという。長崎近海で獲れる海産物や野菜をふんだんに使って作られた「支那うどん」が評判を呼び、ちゃんぽんと名を変えて中華街に広まった。今では缶詰や冷凍技術の発達によりいつでもあらゆる食材が手に入るが、当時は季節の食材を使っていたことから、四季を味わえる料理といわれていた。やがて四海楼には多くの著名人が訪れるようになり、浩宮殿下(現在の今上天皇)にも献上されたことがあるという。白濁したスープは海鮮のうまみが加わった上品な味わい。そこに麺が見えないほどの具材や錦糸卵がたっぷりと盛られており、味も見た目も大満足だ。

店舗の5階にレストランがあり、長崎港と稲佐山を眺めながら食事を味わうことができる 店舗の5階にレストランがあり、長崎港と稲佐山を眺めながら食事を味わうことができる

店舗の2階に設置された「ちゃんぽんミュージアム」。1階はちゃんぽんや長崎土産がそろうショップになっている 店舗の2階に設置された「ちゃんぽんミュージアム」。1階はちゃんぽんや長崎土産がそろうショップになっている

グラバー通りに建つ四海楼。2000年(平成12)に改築された建物は、遠目にもわかる風格あるたたずまいだ グラバー通りに建つ四海楼。2000年(平成12)に改築された建物は、遠目にもわかる風格あるたたずまいだ

スポット詳細

住所
長崎県長崎市松が枝町4-5
エリア
長崎エリア
電話番号
0958221296
時間
11:30-15:00/17:00-21:00(L.O.20:00)
休業日
不定休、12/30-1/2
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、AMEX、銀聯、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、iD)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり
平均予算
【昼】1,001-3,000円
【夜】5,001-10,000円
滞在目安時間
60-120分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 言わずと知れた長崎ちゃんぽんの元祖
    4.0 投稿日:2022.06.06
    今更語ることがない ちゃんぽんの名店。店は立派だがレストランがあるのは4階。席数を減らしての営業だが 調理もサービスも慣れたもので 待たされずに食事ができた。かなり前に来たことがあるが 一部なくなったメニューも見受けられた。待ってるお客さんのためにも 食べ終わったら席を空けよう。
  • 長崎へ行くたびに利用する。
    4.0 投稿日:2022.04.05
    中華街の有名店のチャンポンも食べたが生まれて初めて気持ち悪くなる味で参りました。こちらは幾たびに定番のチャンポンと皿うどんとほかのメニューを色々と頂く。美味しいのもあるし習慣化している。
  • 建物の立派な外観に似合わず料金はリーズナブルですね
    4.0 投稿日:2021.12.21
    長崎のANAクラウンプラザホテルの真ん前に5階建ての立派な建物です。昼は団体客で一杯で入れず夜に行きました。建物の立派な割に料金がリーズナブルでやはりここでは長崎ちゃんぽんでしょうか。餃子も美味しい。世界新三大夜景の長崎の夜景を見るには絶好のロケーションですね。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          長崎エリアのおすすめスポット

          長崎のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました