細見美術館

美術館

琳派作品が充実! こだわりがぎゅっと詰まった個性派ミュージアム

京都随一のアートな街・岡崎。多くの美術館やギャラリーが点在するこの街で、ひときわこだわりを感じるスポットが細見美術館だ。建物の構造自体もユニークな美術館でアートな世界を旅してみよう。

独特な屋根の形にも注目 独特な屋根の形にも注目

シンプルで上品な意匠の外観

細見美術館は、バス停「東山二条・岡崎公園口」から東へ3分ほど進むと見えてくる。一見美術館らしからぬ茶色い外観の建物が細見美術館で、櫛目引きという筋目が入った外壁が落ち着いた雰囲気を与えてくれる。目の前には琵琶湖疏水が流れ、春には桜色に包まれる景色を楽しむことができる。外から見るとコンパクトな空間をイメージするが、一歩足を踏み入れればその印象は大きく変わる。実は地上3階、地下2階の構造になっており、広さを確保する一方で中心部分は吹き抜けとなっているため開放的な雰囲気も兼ね備える。設計を手がけたのは、建築家・大江匡氏。京都らしい「和」をコンセプトに、モダンさを取り入れたデザインになっている。

大きな吹き抜けと階段が印象的 大きな吹き抜けと階段が印象的

細見家三代による見事なコレクション

細見美術館は、実業家で日本美術コレクターであった細見古香庵(ほそみここうあん)から細見家三代による蒐集品が基礎。集めた美術品は、神道・仏教美術から茶の湯の美術、琳派・伊藤若冲といった江戸絵画など、日本美術のほぼすべての分野と時代を網羅。細見コレクションと呼ばれるこれらの作品を、広く一般の方にも公開したいとの思いから1998年(平成10)に美術館として開館したのが始まり。多彩な細見コレクションを軸にした企画展では、バラエティに富んだテーマで作品を鑑賞できると評判だ。

掛け軸や屏風などが展示される第2展示室 掛け軸や屏風などが展示される第2展示室

人々を魅了する琳派作品を所蔵

細見コレクションのなかでも特にファンが多いのが琳派作品だ。琳派とは江戸時代初期に始まった流派で、本阿弥光悦を祖とし、俵屋宗達から尾形光琳、酒井抱一などへと受け継がれた。華やかで装飾性が豊かであることから、現在でも多くの人のこころをひきつけてやまない。細見美術館ではこうした琳派作品を数多く所蔵し、「琳派展」を行うことが恒例となっている。琳派の系譜を総覧できる企画が行えることこそ、いかに優れた琳派作品がそろっているかの表れともいえる。琳派以外にもさまざまな特別展や企画展を行っており、なかには「春画展」や養老孟司氏とのコラボレーションによる虫をテーマにしたユニークな企画もある。

第3展示室。目線の高さでの展示がうれしい 第3展示室。目線の高さでの展示がうれしい

ショップやカフェ、茶室にも注目

ミュージアムショップ「ARTCUBE SHOP(あーときゅーぶしょっぷ)」では、企画展や特別展にまつわるグッズはもちろん、アートごころをくすぐられる品がずらりと並ぶ。琳派の図案をモチーフにした和小物も多く、さりげなく日常に芸術を取り入れられる。比較的リーズナブルな価格のものが多くそろうのもうれしいところ。

ぽち袋やメモ帳などのステーショナリーや使いやすい和食器が並ぶ ぽち袋やメモ帳などのステーショナリーや使いやすい和食器が並ぶ

カフェスペースである「CAFE CUBE(かふぇきゅーぶ)」では、日替わりのパスタやこだわりのピザを味わえる。デザートセットも充実しているので、鑑賞途中のひと休みにもぴったり。ユニークなのは、美術館閉館後の18時以降は「CAFE CUBE」から「trattoria en(とらっとりあえん)」へと姿を変えること。隠れ家的なレストランとしてディナーを楽しめる。最上階には茶室「古香庵」(不定休)があり、オープン時には企画展をイメージした和菓子とお茶と楽しめることも。地下から最上階まで、空間のおもしろさとともにアートの魅力をたっぷりと感じながら過ごそう。

半オープンスペースのカフェ。結婚式の2次会などが行われることもある 半オープンスペースのカフェ。結婚式の2次会などが行われることもある

カフェの店内。さりげなく和紙作家の堀木エリ子氏の作品が飾られている カフェの店内。さりげなく和紙作家の堀木エリ子氏の作品が飾られている

スポット詳細

住所
京都府京都市左京区岡崎最勝寺町6-3
電話番号
0757525555
時間
[美術館・ショップ]10:00-17:00(最終入館16:30)
[カフェ]10:30-17:00(L.O.16:30)
[茶室]11:00-17:00(不定休)
※一部営業は休止しております。ご利用ご希望の節は、お問い合わせください。
休業日
月(祝の場合は翌日)、展示替期間、年末年始
料金
展覧会によって異なる
駐車場
なし
クレジットカード
可(VISA、MasterCard、JCB、銀聯、DISCOVER、Diners Club)
電子マネー/スマートフォン決済
可(Suica、PASMO、QUICPay、iD、nanaco、WAON、楽天Edy、PayPay、LINE Pay、メルPAY、auPAY)
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
不可
平均予算
【昼】1,001-3,000円
滞在目安時間
30-60分
車椅子での入店
乳幼児の入店

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          岡崎周辺エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました