梅小路公園

公園/緑地

憩い遊ぶ、樹木と芝生が覆う開放感あふれる都市公園

周囲には観光スポットが点在する梅小路公園。緑豊かで四季折々の花が彩る公園には、憩いを求めて散歩やひと休みに多くの人が訪れる。造園の粋を集めた庭園や自然の生態系を復元したビオトープなど、見どころもたくさん。

さえぎるもののない空が広がる「芝生広場」 さえぎるもののない空が広がる「芝生広場」

都会の真ん中に現れた広々とした緑豊かな公園

京都駅の西方向には広大な緑地が広がっている。かつてのJR貨物駅跡地に造られた、梅小路公園だ。京都駅から歩いて約15分、周辺にはバス停がいくつかあり、またJR嵯峨野線(山陰本線)の梅小路京都西駅が公園西側に隣接しているのでアクセスも抜群。花と緑に親しめる心安らぐ場として1995年(平成7)に開園した。ビルの林立する京都駅近くにありながら、空高く広々とした緑地はまさに都会のオアシス。自然豊かな公園は、家族や友人と、ときにはひとりで、思いおもいに散歩やジョギング、読書や休憩のできる憩いの空間になっている。四季折々に美しい庭園や施設も整備され、観光名所巡りとは異なる体験のできるスポットだ。

5か所ある公園の入り口のひとつ「大宮入口」 5か所ある公園の入り口のひとつ「大宮入口」

古都の歴史に培われた作庭技術の結晶を堪能

公園の中心となる施設は、西側の「朱雀(すざく)の庭・いのちの森」(有料)だ。庭と一体化した建物「緑の館」の2階から入園できる。京都では古来、寺院や神社そして別邸などにさまざまな庭園が造られてきたが、「朱雀の庭」はそうした造園の技術や技法の粋を結集した、平成生まれの日本庭園だ。池を中心に回遊できる庭は、季節ごとにさまざまな景色を楽しめる。水面を鏡のように見せる「水鏡」はこの庭ならではの美しさ。隣の「いのちの森」は、もとは草木のない都会の貨物駅だった場所に造られたビオトープだ。森じゅうに設けられた樹冠回廊を歩けば、生い茂る樹木の枝葉の高さで森を観察できて興味深い。

「水鏡」は、黒曜石の上に1cmだけ水を張っている 「水鏡」は、黒曜石の上に1cmだけ水を張っている

「朱雀の庭」は昔の京都の山々の風景を参考にしている 「朱雀の庭」は昔の京都の山々の風景を参考にしている

チンチン電車の走る広場と芝生がまぶしい憩いの場

「緑の館」内にはレストランがあり、近くにはカフェもあって休憩に利用できる。「すざくゆめ広場」北側にはチンチン電車の駅舎が立ち、レトロな路面電車に乗って広場を走行する体験も楽しい(運行:土・日曜、祝日、月曜を除く夏休み期間、有料)。京都市には1895年(明治28)に市電が誕生、1978年(昭和53)に営業を終了するまで街中を縦横に走った。「市電ひろば」では、大正と昭和に製造された車両とプラットフォームがあり、昔懐かしい風景だ。この広場の隣が、公園の2万5000平方メートルの面積を占める「芝生広場」。くつろぎの場として芝生の上で自由に過ごせるのもうれしい。また南側の雑木林には散策路が設けられ、ベンチも随所に配されている。

明治時代の路面電車が改造されて公園内の軌道を走る 明治時代の路面電車が改造されて公園内の軌道を走る

雑木林のなかには涼やかに水が流れる小川も 雑木林のなかには涼やかに水が流れる小川も

平安時代には平家一門の邸宅がひしめいた

公園のある場所は、平安後期、平清盛を筆頭とする平家一門が暮らす「西八条第(にしはちじょうてい)」(八条亭とも)があり、約6万平方メートルの土地に邸宅が立ち並んだという。清盛の死から2日後に焼失してすぐに再建されたが、1183年(寿永2)に一門が都から追われる際、平家みずからが火を放って焼失したという。かつての歴史の舞台は、現在、誰もがのんびり過ごせる空間となり、京都水族館や京都鉄道博物館も隣接して賑わうスポットだ。数々のイベントが開催され、毎月第1土曜(1月、5月休み)の「梅小路公園手づくり市」は、手作りならではの温もりある品に出合えるとして人気だ。遠い昔に思いを馳せつつ、のんびり公園散策を楽しみたい。

個性的なお店が並ぶ「梅小路公園手づくり市」 個性的なお店が並ぶ「梅小路公園手づくり市」

スポット詳細

住所
京都府京都市下京区観喜寺町56-3
電話番号
0753522500
時間
24時間
[朱雀の庭・いのちの森]9:00-17:00
休業日
無休
[有料施設]月(月が祝日の場合は翌平日休館)
料金
無料
[朱雀の庭・いのちの森]200円(小学生以上)
駐車場
なし
クレジットカード
不可
Wi-Fi
なし
コンセント口
なし
喫煙
可(喫煙スペースのみ)

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 京都市民の憩いの場
    4.0 投稿日:2021.03.04
    京都駅から西へ徒歩20分、大きな広場と140本の梅の木がある京都市民の憩いの場です。山陰線の京都駅と丹波口駅の間に「梅小路京都西駅」が誕生し、アクセスしやすくなりました。ただし、短時間でアクセスするのではなく、公園までの道中を歩きながら楽しむことをお勧めします。以前は大きな広場がと梅林があるだけでしたが、園内にたくさんの施設ができています。京都水族館、京都鉄道博物館、イベント広場、アイス...
  • 市電
    5.0 投稿日:2020.06.29
    懐かしい京都市電。今でも、これの廃止の是非を評価して、復活すべきでしょう。またこの公園の遊具はよくできていて、人気でした。
  • 2020年 梅の開花状況 1月30日時点
    4.0 投稿日:2020.01.30
    梅小路公園には多くの種類の梅が植えられており、暖冬の影響もあってか、早咲きの梅は既に多く開花している。中咲以降の梅の蕾に膨らみを感じる。連年なら、この時期寒さを感じながらの梅見となるが、今年は暖かさを感じた。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          京都駅周辺エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました