蹴上インクライン

桜の名所

先人達の知恵の結晶! 京都の復興を賭けた一大事業

明治維新のあと、衰退する京都の街の復興をかけた一大事業・琵琶湖疏水。その船運事業の要となったのが、インクラインである。先人たちの活躍に思いを馳せながら、琵琶湖疏水の史跡巡りを楽しもう。

ゆるやかな傾斜のインクライン跡 ゆるやかな傾斜のインクライン跡

明治維新後、京都の街は衰退の一途をたどる

地下鉄東西線蹴上(けあげ)駅を出て、仁王門通に沿って歩くとレトロな廃線が見えてくる。これは、インクラインと呼ばれるもので、琵琶湖疏水事業の船運において重要な役割を果たしてきた史跡だ。琵琶湖疏水事業は、明治期の京都を語るうえで欠かせない存在。琵琶湖疏水事業が始まったのは、1881年(明治14)。当時の京都は、明治天皇が東京へ移ったことに対して、連日反対運動を繰り返していたという。一度は京都へ戻ってきた明治天皇が、再び東京へ移ってしまうと、やがて御所周辺の町が「狐狸の棲家(こりのすみか)」と呼ばれるほどに荒れ果ててしまった。しかし、京都の町をこのまま衰退させるわけにはいかないと考える人もいた。それが、琵琶湖疏水事業に大きく関わることになる第3代京都府知事の北垣国道(きたがきくにみち)だ。

インクライン沿いには琵琶湖疏水が流れる インクライン沿いには琵琶湖疏水が流れる

京都の近代化政策の基礎となる事業

北垣はさまざまな京都の近代化政策を推し進め、なかでも復興の基礎となる事業として「琵琶湖疏水事業」に特に力を入れて取り組んだ。琵琶湖疏水の役割は、船運・発電・上水道・灌漑(かんがい)などを目的に、京都の近代化・殖産興業の基礎となることだった。北垣は工事担当者として、工部大学校(現在の東京大学工学部の前身のひとつ)を卒業したばかりの田邉朔郎(たなべさくろう)を迎え、1885年(明治18)に工事は開始された。

インクラインの近くにある田邉朔郎の像 インクラインの近くにある田邉朔郎の像

琵琶湖疏水の危機を救ったインクライン

しかしながら工事は困難を極めた。度重なるアクシデントに襲われ、その都度解決方法を見い出していった。実はインクラインも、ある種のアクシデントを解消するために生み出されたものである。そもそも琵琶湖疏水の水路は高低差が大きく、なかでも蹴上船溜と南禅寺船溜の高低差をいかに解決するかが課題であった。その問題を解決すべく登場したのが、インクラインである。荷物を載せた疏水船ごと台車に乗せてレールの上を上下させることで、高低差による急降下を防ぐことに成功。約5年に及ぶ工事を経て、ついに1890年(明治23)に第1疏水が完成した。インクラインは重要な役割を果たしたのだ。

船を乗せた台車の模型。当時の風景をイメージできる 船を乗せた台車の模型。当時の風景をイメージできる

疏水を下ってきた船をインクラインに乗せて運ぶ 疏水を下ってきた船をインクラインに乗せて運ぶ

ノスタルジックなフォトスポットとして人気

その後、時の流れとともに交通手段が船から自動車へと変化し、次第にインクラインが活躍する場は失われていった。しかし2007年(平成19)、蹴上インクラインが経済産業省により近代化産業遺産として認定され、再び注目を集めるように。現在では、ノスタルジックな雰囲気が人気のフォトスポットとして年中多くの人で賑わい、なかでも春には降り注ぐような桜に包まれる花見の名所としての表情も持つ。蹴上インクラインの近くには琵琶湖疏水事業について学べる琵琶湖疏水記念館があるので、ぜひ立ち寄りたい。

インクラインの下を通過する「ねじりまんぽ」と呼ばれるトンネル。扁額は北垣国道の書 インクラインの下を通過する「ねじりまんぽ」と呼ばれるトンネル。扁額は北垣国道の書

近くには「蹴上」の地名の由来になった祠(ほこら)がある 近くには「蹴上」の地名の由来になった祠(ほこら)がある

スポット詳細

住所
京都府京都市左京区南禅寺福地町他
電話番号
0756727810
休業日
無休
料金
[見学料]無料
駐車場
なし

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          岡崎周辺エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました