寂光院

寺院

『平家物語』にも描かれる建礼門院ゆかりの古刹

隠れ里の趣漂う大原の地に、我が子と平家一門の菩提を弔うためにひっそりと隠棲した建礼門院。祈りを捧げた寂光院は落ち着いた雰囲気に満ち、『平家物語』の世界と遺構を今に伝えている。

自然石の石段が樹木と調和し美しい 自然石の石段が樹木と調和し美しい

日本の原風景のような山里をたどって

寂光院はバス停・大原から西へ徒歩約15分。のどかな田園風景のなかの小路を歩いてしばらくすると、路は山あいの地へと延びてゆく。途中にある「朧(おぼろ)の清水」は、平安時代末期、寂光院に向かう建礼門院が、月明かりの下で水面に姿を映したとされる小さな泉だ。このあとさらに緑が濃くなる山間部へと進んだ先に、静かにたたずむのが寂光院。入り口の拝観受付からは石段に誘われるように上がり、山門をくぐってまずは本堂にお参りしよう。本尊は鎌倉時代に刻まれた六万体地蔵尊だが、2000年(平成12)の火災によって損傷したため、現在は復元された彩色の美しい本尊が本堂に安置されている。

2005年(平成17)に古式にのっとり再建された本堂 2005年(平成17)に古式にのっとり再建された本堂

本尊・地蔵菩薩に願いを伝えよう 本尊・地蔵菩薩に願いを伝えよう

我が子を亡くした建礼門院が隠棲した地

寂光院は594年(推古2)、聖徳太子が父・用明天皇を供養するために創建したと伝わり、現在は天台宗の尼寺である。平安時代末期、平家滅亡の壇ノ浦の戦いで、息子の安徳天皇とともに入水し、ひとり助け出された平清盛の息女・徳子。のちに東山の長楽寺で出家し、建礼門院となって1185年(文治元)に寂光院に入り、平家一門や我が子、そして夫・高倉天皇の冥福を祈って終生過ごしたという。また、宮中の時代から建礼門院に仕えた阿波内侍(あわのないし)も出家し、大原での生活を支えたが、柴刈りに出たその姿が大原で働く女性「大原女(おはらめ)」のモデルになったといわれる。本堂には建礼門院と阿波内侍の各坐像も安置されている。

紺色の着物に赤いたすきを掛けた独特の装束の大原女 紺色の着物に赤いたすきを掛けた独特の装束の大原女

後白河法皇と建礼門院が再会した庭園

閑雅な趣をたたえ静かにたたずむ本堂の北側には、回遊式四方正面の庭園があり、その名のとおりどこから見ても正面となり、清浄な水が満ちる池に鯉が悠々と泳いでいる。本堂前に置かれている南部鉄の雪見燈籠は、伏見の桃山城にあったものを豊臣秀吉が寄進したのだとか。笠の形が特徴的で、よく見ると豊臣家の家紋・五三桐(ごさんのきり)の透かし彫りがあって興味深い。建礼門院がこの地に隠棲したことは『平家物語』などによって知られているが、本堂前の西側の庭園は『平家物語』に描かれた当時のままの景色とのことで、汀(みぎわ)の池や桜が、1186年(文治2)に建礼門院を訪ねた義父の後白河法皇が詠んだ歌に登場する。

『平家物語』の世界を感じることのできる庭園 『平家物語』の世界を感じることのできる庭園

境内の奥で凛とした空気に包まれる遺跡

御神木の千年姫小松のそばを通り、西門を抜けてゆくと現れるのが建礼門院が住んだとされる御庵室(ごあんしつ)遺跡だ。緑陰の下、苔むす広場にひっそりと立つ碑が、都から遠く離れた地で一族を弔い続けた建礼門院をしのばせる。宝物殿では『平家物語』ゆかりの文化財が見学できるので、平安の昔に思いを馳せてみよう。また、火災の被害に遭った旧本尊は収蔵庫にて安置されているのだが(非公開)、胎内に納められていたという3400体余りの小さな地蔵菩薩の一部も拝観できる。寂光院の近くには建礼門院が眠る大原西陵があるので、合わせてお参りしたい。

建礼門院が使用したとされる井戸の遺構も残っている 建礼門院が使用したとされる井戸の遺構も残っている

ミュージアムショップも併設されている宝物殿 ミュージアムショップも併設されている宝物殿

スポット詳細

住所
京都府京都市左京区大原草生町676
電話番号
0757443341
時間
[3/1-11/30]9:00-17:00
[12/1-2月末]9:00-16:30
[1/1-1/3]10:00-16:00
休業日
無休
料金
[拝観志納金]大人・高校生600円、中学生350円、小学生100円
駐車場
なし
※近くに民間駐車場あり
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
Wi-Fi
あり(一部)
コンセント口
なし
喫煙
不可
英語メニュー
あり(英語パンフレットあり)
滞在目安時間
0-30分

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • 紅葉は見ごろ
    5.0 投稿日:2020.11.16
    11月も半ばになると、紅葉が美しいです。朝は冷え込む大原の里も、日中は暖かい。日光越しのモミジの葉は、赤や黄色オレンジに輝き、ほっと癒される場所でした。周囲の道路は狭いので、車の通行は無理矢理という感じ。徒歩の散策がベターですね。
  • 三千院から少し離れている
    5.0 投稿日:2020.08.17
    大原三千院は、付近に見所が多いのですが、寂光院は、少し離れていて、寂光院の為に行かれるのを迷われる方が多いと思いますが、是非行って下さい。とても良いです。
  • 本堂が再建された寂光院は昔の趣そのままでした
    4.0 投稿日:2020.04.18
    三千院からバスターミナルの裏を通って、大原の里の野道を15分ほど。紅葉が深くなってきたら寂光院の入り口でした。平家の血をひく建礼門院が隠遁生活を送ったという古寺はいい趣で、本堂では寺務の方が歴史を詳しく説明してくれます。この本堂が六万体地蔵菩薩とともに2000年に放火により焼失してしまったのは、返す返すも残念。六万体地蔵菩薩の中に収められていた胎内地蔵の一部が展示館で展示されています。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          大原・鞍馬・貴船エリアのおすすめスポット

          京都のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました