唐招提寺

寺院

鑑真が残した今もなお輝く天平の甍(いらか)を訪ねて

垂仁(すいにん)天皇陵から東南に深い木立が見えるが、その森が唐招提寺の境内。この地を朝廷より与えられた唐の高僧鑑真が759年(天平宝字3)に創建した。天平の息吹をそこかしこに感じる奈良時代後期を代表する寺院。

南大門からうかがい見る金堂に心躍る 南大門からうかがい見る金堂に心躍る

南都六宗のひとつである律宗の総本山

苦難の末、唐から海を渡りついに来日を果たした鑑真は、まず東大寺で5年を過ごし、その後新田部(にいたべ)親王の邸宅跡地を譲られて戒律を学ぶための修行の道場を開いた。南都の官大寺や藤原氏の氏寺などの巨大寺院とは異なり、鑑真の私寺として始まったこともあり、当初は講堂や経蔵、宝蔵などを数えるのみだった。本堂の金堂は8世紀後半に鑑真の弟子により完成したといわれる。そのようにして始まった寺だが災害を免れ戦火からは遠く、奈良時代建立の金堂、講堂が残り、大変貴重な伽藍となっている。本物の天平がここにはまだ残っているのだ。

国宝である「金堂」内に本尊が祀られている 国宝である「金堂」内に本尊が祀られている

金堂の横から鼓楼を望む 金堂の横から鼓楼を望む

苦難をしのび、鑑真和上像を参拝する

鑑真は742年(天宝元)に遣唐使船で唐を訪れた日本の僧を通じて、「仏教の正式な授戒の師」として朝廷から招聘を受けた。渡日を決意し実行してから12年間に5回渡航に失敗。そのなかで次第に視力も失うこととなってしまった。753年(天平勝宝5)、6回目にしてついに日本の土を踏み、東大寺での5年を経て、残りの5年を自身の寺、唐招提寺で過ごし、天皇をはじめとする数多くの人々に授戒した。「鑑真和上坐像」は毎年6月の開山忌舎利会(かいざんきしゃりえ)の際に3日間だけ公開され、参拝することができるが、旅人にとってありがたい存在なのが開山堂に安置されている御身代わり像。奈良時代の技法を忠実に踏襲した模造の像は毎日拝観することができる。

金堂西側にある戒壇、石段は鎌倉時代のもの 金堂西側にある戒壇、石段は鎌倉時代のもの

この地に静かに眠る。鑑真和上御廟 この地に静かに眠る。鑑真和上御廟

鼓楼や蔵などの堂宇をていねいにまわる

壮大な金堂や講堂は奈良時代にさかのぼる建造物だが、唐招提寺にはほかにも見るべきところは多い。小型でしょうしゃな2層の建物、鼓楼。毎年5月には中興忌梵網会(ちゅうこうきぼんもうえ)の重要な舞台となる。梵網絵はうちわまきで知られており、ハート型の宝扇が鼓楼の2階から撒かれる様子は奈良の晩春の風物詩でもあった。昨今の事情により規模が縮小されてしまったが、宝扇は売店でいつでも購入することができる。2つ並ぶ宝蔵と経蔵は校倉造りの建物で、南の経蔵は唐招提寺創建以前、新田部親王邸の米倉を改修したものと伝わり、この校倉造りが日本最古と伝わっている。校倉造りの扉にがっちりと止められている古式ゆかしい海老錠も見ておきたい。

校倉造りの2つの倉。高床式になっている 校倉造りの2つの倉。高床式になっている

もうすぐ御影堂の修復も完了

唐招提寺といえば東山魁夷の障壁画を思い浮かべる人もいるだろう。奉献された画は鑑真和上坐像の安置されている御影堂の宸殿に飾られている。平成の大修理もいよいよ竣工が近づいてきており、特別公開の知らせが待ち遠しくてならない。御影堂には供華園という花園があり、鑑真の故郷中国揚州から送られた瓊花(けいか)の花が春に香り高くほころぶ。ガクアジサイに似た品の良い花は御廟のそばでも見ることができ、参拝者の目を楽しませている。御廟に向かう小径の両側には苔が広がり、雨あがりの美しさは例えようもないほど。このように唐招提寺は西ノ京の宝石のような寺。じっくりと時間を取って訪れて天平の残り香を胸いっぱいに吸い込んでほしいものだ。

ビロードのような苔が迎えてくれる御廟への道 ビロードのような苔が迎えてくれる御廟への道

スポット詳細

住所
奈良県奈良市五条町13-46
電話番号
0742337900
時間
8:30-17:00(最終受付16:30)
料金
【拝観料】
[大人・大学生]1,000円
[高校生・中学生]400円
[小学生]200円

【新宝蔵】
[大人・大学生]200円
[高校生・中学生・小学生]100円
駐車場
あり(150台)
クレジットカード
不可
電子マネー/スマートフォン決済
不可
コンセント口
なし
喫煙
不可
滞在目安時間
30-60分

情報提供: ナビタイムジャパン

クチコミ

  • 華美でははないが、心に染み渡る何かがあるお寺
    4.0 投稿日:2021.02.07
    もちろん教科書でも習ったが、それ以上に井上靖の「天平の甍」を読んで以来、鑑真和上の情熱に心打たれました。その鑑真の人となりを表すように、高名な寺でありながら華美すぎることなく、静謐でしかし構えることのない優しい雰囲気の御寺です。有名な鑑真和上像のレプリカも拝めます。
  • 風情がある
    4.0 投稿日:2021.01.06
    薬師寺から徒歩圏内で、2つセットで拝観しました。唐招提寺は、小ぶりな建物がいくつも点在している造りになっており、インパクトはありませんが、あちこちで風情のある景色を楽しめました。
  • 奈良一番、世界一番
    5.0 投稿日:2021.01.02
    私にとっては初お参り以降50年来恋焦がれているお寺さんです。鑑真和上の来日話や稀有な建築、見事な仏像、静謐な境内とどれをとっても比較出来る寺院はありません。魁夷の襖絵も秀逸。美を愛する方はお参りせねばなりません。

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          平城京跡・西ノ京エリアのおすすめスポット

          奈良のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました