三段壁

崎/岬

約50mもの高さを誇る断崖絶壁は、太平洋を一望する天然の展望台

昔は漁師の見張り台として活躍していたという、遙か遠くまで太平洋を見渡せる海沿いの断崖絶壁。嵐や風雨に耐え抜いてきた威風堂々としたその姿は、見ている者を圧倒する迫力に満ちている。

三段壁展望台から、その全貌が垣間見える 三段壁展望台から、その全貌が垣間見える

目の前には太平洋。断崖絶壁の景勝地

白浜町の海沿い、南北約2kmにも渡る高さ約50mの岩壁は、「断崖絶壁」という言葉がぴったりと当てはまる。古くは漁師たちが沖の船や太平洋を泳ぐ魚群などを見張った場所といわれ、海の上にポツンとたたずんでいるかのような絶景が楽しめる。名前に「三段」とあるが、実際に段になっているわけではなく、見張り場所として「見壇(みだん)」の崖と呼ばれていたことから、「三段(みだん)」、「三段(さんだん)」となったという説がある。ふだんは穏やかな太平洋も、三段壁の崖にぶつかって砕け、躍動する白波を見ると、その迫力がさらに際立つ。先人に思いをめぐらせながら、青く美しい海や視界いっぱいに広がる水平線に、目を凝らしてみてほしい。

自然の趣を残した遊歩道が整備されている 自然の趣を残した遊歩道が整備されている

ゴツゴツした岩が続く場所もある。歩きやすい靴で挑もう ゴツゴツした岩が続く場所もある。歩きやすい靴で挑もう

悲恋はのちに、恋人たちの聖地となる

三段壁遊歩道の片隅に「口紅の碑」がひっそりとたたずむ。かつて許されざる恋に落ちた男女が、口紅を使って岩にメッセージを残したあと、愛を貫くためにここで身を投げたことに由来するものだ。ともすれば悲恋の物語にもなるが、男女の絆の強さ、永遠の愛を誓った想いから、恋愛成就の碑として知られるようになっていったそう。そして2016年(平成28)には「恋人の聖地」として認定、三段壁展望台近くの高台にハート型のモニュメントが設置された。このモニュメントには「愛鍵」と名のついたハート型の南京錠がたくさんかけられており、これまで多くの恋人たちが永遠の愛を誓った様子が見てとれる。この愛鍵は近隣の商店などで購入できるので、大切な人と訪れた際にはぜひ。

絶景の地に立つので、記念写真もここで撮りたい 絶景の地に立つので、記念写真もここで撮りたい

突如現れた謎の石や洞窟探検など興味が尽きない

2018年(平成30)に日本列島を大型台風が直撃。三段壁上にも波が届く勢いがあり、当時の白浜町の最高潮位を観測したという。そして台風一過で話題を集めたのが、遊歩道脇の岸壁に突然出現した長さ約4.2m、幅約1m、高さ約1.2mもの岩。台風の波が岩を持ち上げたのか、さらに高い位置にあった岩が風雨によって転落したのか、その正体はいまだ謎のまま。2021年(令和3)に「サドンロック」と名づけられ、新たな名所となった。また三段壁には、平安時代に源平合戦で熊野水軍の船を隠したとされる「三段壁洞窟」があり、海面近くまで下りることができる。打ち寄せる波が間近に迫り、1600万年前の地表が続く洞窟は、三段壁のまた違った魅力を見せてくれるだろう。地上だけでなく地下からも余すところなく見渡して、三段壁の迫力の全貌を感じたい。

洞窟から見上げたサドンロック 洞窟から見上げたサドンロック

怪しく光る岩肌や波が神秘的な三段壁洞窟 怪しく光る岩肌や波が神秘的な三段壁洞窟

スポット詳細

住所
和歌山県西牟婁郡白浜町
エリア
白浜エリア

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          白浜エリアのおすすめスポット

          和歌山のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました