手向山八幡宮

神社

百人一首にも詠まれた紅葉の名所に鎮座する

奈良市にある神社。紅葉の名所として有名な手向山にあり、東大寺法華堂(三月堂)の北側に建っている。東大寺と大仏を造立する際、東大寺を守譲する神として九州の宇佐八幡宮から迎え祀られたのが始まり。東大寺油倉の上司倉を移築した校倉造の宝庫は、奈良時代のもので重要文化財に指定されている。境内には、国宝「唐鞍 一具」や重要文化財「木造舞楽面 21面」などを所蔵。

スポット詳細

住所
奈良県奈良市雑司町434
電話番号
0742234404

情報提供: ナビタイムジャパン

このスポットを紹介している記事

クチコミ

  • ここにも国宝や重要文化財が
    3.0 投稿日:2020.04.26
    春日大社から東大寺に向かう時、本当だったらいったん下って表から行くべきですが、二月堂はまた高いところにあるので、私はサボって若草山の麓を抜けこの手向山(たむけやま)八幡宮境内を抜けて行きます。目立たないですが、東大寺建立の守護神として勧請された由緒ある神様です。境内には校倉造りの宝庫(重要文化財)があります。正倉院は近寄って眺めること出来ないので、こちらで校倉造りを観察できます。すぐ近くの東...
  • 東大寺の八幡さん
    4.0 投稿日:2020.03.20
    東大寺の中門からまっすぐ坂を進んでいくとこの神社があります。すぐ近くに三月堂があります。この神社は、東大寺建立に当たり、宇佐八幡より守護神として勧請されたものです。もとは別のところにありましたが、源平合戦で焼失し、鎌倉時代にこの地に再建されたそうです。絵馬がかわいく、八幡さんの神使のハトが向かい合っていて、間がハートになっています。
  • 東大寺三月堂の南
    4.0 投稿日:2019.11.17
    若草山の隣りに手向山にある八幡さん元々東大寺及び大仏殿建立にあたり宇佐八幡宮より東大寺の守護神として勧進されたとの事です。現在は神仏分離により東大寺より独立しているとの事

TripAdvisorクチコミ評価

もっと見る

アクセス

最寄り

          周辺の駅はありません。 周辺のバス停はありません。 周辺の駐車場はありません。 周辺のインターチェンジはありません。

          奈良公園エリアのおすすめスポット

          奈良のその他のエリア

          + -
          back
          open

          周辺のスポット

          このスポットを共有

          back

          クリップボードにコピーしました